2017年11月03日 コラム
矢来能楽堂で兄弟子の駒瀬師の社中の会がありました。本日は清々しい秋晴れの一日になりましたので、ご出演の皆さまも、ご来場のお客様も、気持ちのいい会になったことと思います。 ご社中の中には、私が10代の頃から存じ上げている方もいらっしゃいます。かれこれ30年位のお付き合いになりましょうか。長くお稽古を続けていらっしゃるのが、すごいですね。お元気に謡って、舞っていらっしゃると、こちらもなんとなく嬉しくなります。お稽古は道を歩いて行くようなもので、それは平坦な道ばかりではないので、山有り谷有りとなります。楽しいばかりとは行きませんが、続けて行くことが大切で、続けた人だけが見られる景色、達する世界があります。スタートダッシュをしなくていいので、じっくりと腰を据えて、焦らずに進んでほしいと思います。 これからは、お世話になったご恩返しのつもりで、お役に立ちたいと思っています。
2017年11月02日 コラム
学校公演の移動中に素敵なエピソードを聞きましたので、一つご紹介します。 体験で舞台に上がった子と、終演後話しをする機会があったのだそうです。とても人懐っこい子で話が弾み、能楽師がツイッターをしていることを話したそうです。その子は次の日、すぐにフォローしてくれ、その後何かあると、連絡をくれるようになったのだそうです。その子は今二十歳をむかえ、将来は学校の先生を目指すのだそうです。先生になったら、きっとこういった催しに積極的に参加し、自身の生徒達に紹介してくれることと思います。 いろいろな形で成果が実ります。それが実感できますと、この上ない喜びになりますね。
2017年11月01日 コラム
本日は函館の中学校に参りました。色々と仕事を手伝ってくれる私のスタッフの母校でしたので、立候補して「小鍛冶」を舞わせて頂きました。ご家族皆さんお出掛けいただきまして、ご覧頂きました。ありがたいことです。 ここの中学校の生徒さんは、とても反応が良かったですね。狂言は存分に笑って、能は集中して見ていたように思います。体験ではみんな大きな声を、出してくれました。中学生は恥ずかしがって、なかなか声を出してくれないところが多いのですが、積極的に声を出していました。終演後の質疑でも、声の出し方を質問している生徒さんが見受けられ、意識の高さを感じました。なかなか見る機会に恵まれないとのことでしたが、これを機に興味をもってもらえると嬉しいです。
2017年10月31日 コラム
青森県浅虫の小学校に参りました。お陰さまで宿は温泉、ありがたい宿泊でした。浅虫の小学生はとても元気一杯で、狂言体験では先生の大蔵教義氏から笑いがこぼれるほどでした。みんな精一杯の大きな声を出して「この辺りの山伏です!」と名乗るのは、なんとも微笑ましい光景でした。 今朝はウォーキングに出掛けました。日の出前にもかかわらず、気温は肌寒いと言うほどでしたが、海際のため風が物凄く強く吹いて、怖いほどでした。結果体感温度としましては、かなり寒い感じでしたね。明け方、少し高台に上がってみましたら、なんともキレイな景色でした。こういった景色を一つ、見られるだけで充分ですね。 さて、次は函館へ、あまり寒くないことを祈りましょう。
2017年10月30日 コラム
台風に負けず、昨晩から八戸に来ています。本日は八戸の小学校での公演でした。皆さんお行儀よく、よく見て、体験も頑張ってくれました。外は雨も手伝って、それなりに気温が低いのですが、体育館の中は暖かいんですね、さすが北国。学校の校庭には見事に紅葉した樹木があり、雨に濡れてしっとりとたたずんでいる風情も素敵です。こちらは、移動の車中から、至るところに、紅葉に出会えていいです。右は海、左は紅葉となかなか贅沢な移動となりました。 明日から晴れてくれるといいなー
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE