2017年05月14日 舞台のこと
九皐会の「杜若」が済みました。覚悟していましたが、済んでみればやはり大曲でした。詳細は改めてさせていただきますが、ご来場の皆さまには御礼申し上げる次第でございます。ありがとうございました。今日はちょっとお休みして、一杯したいと思います。
2017年05月13日 舞台のこと
今日は同門の桑田貴志氏の自主公演に出演させていただきました。曲は「花筐」で次男の大志郎君と親子共演でした。親としまして、子供と一緒に舞台を勤めることは、精神的な負担が大きいです。まして、自分の会で演目もハードルを上げての挑戦曲となりますと、厳しいですね。とは言うものの、別の一面では我が子と舞台を勤めることは、幸せなことにほかなりません。二人とも疲れた事でしょう、今日はゆっくり休むといいですね。子方も立派に勤められました。雨の中、ご来場の皆さまには御礼申し上げる次第でございます。ありがとうございました。 さて、明日は自分の番で「杜若」を、九皐会で勤めさせて頂きます。気持ちを切り替えて、引き締めて参りたいと思います。こちらもどうぞよろしくお願い申し上げます。明日晴れるといいなー!
2017年05月12日 舞台のこと
本番を明後日に控え、今日は九皐の申し合わせ(リハーサル)があり、私は「杜若」を勤めさせて頂きました。無事終わりました、と言いたいところですが、終わりの方に来て全く違う言葉が口から飛び出し、我ながら驚きました。「なに言ってんねん!」という心の声を聴きつつ、深く反省。危険な香りを残す申し合わせとなりました。さりながら、今までの経験上、申し合わせで間違えた時は、当日は間違えない事が多いんです。本人的にはジンクスなので、本番は集中力を落とさないように、気を引き締めて勤めたいと思います。当日の使用面は長沢氏春師作の若女です。初めて使わせていただきますが、以前から気になっていて、一度使ってみたかったので、こちらも楽しみにしています。願わくば晴れてくれると、気持ちのいい初夏の景色が見やすくなりますね!
2017年05月11日 お稽古のこと
小学生のお稽古に来ている少年が、とても声が小さい。昨日はその事で学校の先生から注意されたそうです。ママさんも心配なようで、それはそうですよねー。舞のお稽古のついでに、謡の稽古もしてしまいます。本人も最初は気乗りしない様子ですが、謡わないとダメかも、ということを悟り頑張り始めます。小さな変化を聞き逃さず、そこを押して進めます。普段はお話しも苦手で、あまり喋らないそうですが、首を傾げた所を何が解らなかったのか説明してもらいます。説明しやすいように誘導してあげると、ちゃんと話してくれます。ちょっと待ってあげればいいんですよね。納得がいけば謡も舞も変わります。段々に大きな声も出せるようになります。説明する習慣がつけば、内容を整理して順序よく話せるようになります。声を出すことも、話すことも楽しさがわかればいいんですよね!
2017年05月10日 お稽古のこと
本日はさいたま新都心ホテルラフレで3回目の「杜若」講座がありました。旅僧の前に現れた女は、日暮と共に僧を宅へ招き、その素性を明かします。この旅僧のスゴイところは、わざわざ着替えて出てきた女性が、「見て下さい」と言った着物等をスルーし、「貴方は誰?」と言えてしまうところです。女性が着物を見てといっていたものをスルーする勇気は僕にはないなー、などと思いつつ今日も楽しく盛り上がった、ラフレのアフタヌーンティーでした。デザートはリンゴのシブースト美味!
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE