2017年07月14日 コラム
秋田最終公演も無事に済みました。本日は親戚の子が通う小学校でしたので、私、シテを勤めさせて頂きました。暫くぶりの「小鍛冶」でしたので、おじさんとしましてはいささか不安も有りましたが、なんとか勤めさせて頂きました。親戚の子は家内の親戚で、初めて会った時はまだ学生だったのですが、月日の流れは早く、いまは小学4年生のママさんになっています。4年生と言うものの、その子と会ったのは、数年前で、まだ幼稚園の頃でしたので、小さい印象しか無かったのすが、随分大きくなっていることに驚きました。子供の成長の早さには、いつでも驚かされます。6月から始まりました学校の巡回公演でしたが、参加していないところも含め、全て予定通りの日程で、今のところ済んでいます。昨年は台風に脅かされたことも有りましたが、今年はこのまま順調に行ってくれることを願います。私達も楽しみに伺うのですが、子供達はもっと楽しみにしていてくれている...続きを読む
2017年07月13日 コラム
湯沢市の小学校に参りました。地域の方も大勢見に来ていただけました。狂言の体験では先生方も地域の方も皆さん一緒に、大きな声を出して楽しんでいただけたようです。湿度がとても高いので、体調管理は元より、楽器の調整が一苦労のようです。いろいろと条件も有りますが、本日も無事に済みました。バス移動は往復で3時間とちょっと長いのですが、宿を転々としていくよりは、遥かに楽です。明日は親戚のお嬢ちゃんの通っている小学校で、シテを勤めさせていただきます。久しぶりの「小鍛冶」楽しみです!
2017年07月12日 コラム
秋田県由利本荘市の小学校に参りました。ここは遠藤喜久夫人の出身地でもあり、今日は遠藤師がシテを勤めました。子供たちはとてもお行儀よく見てくれていました。そして、理解度も素晴らしかったです。ちょっと珍しいパターンでしたが、最後は「感想を言いたい人〰🎵」と先生が言うと、「はーい」とほとんどの子が手を上げ、先生は「1年生の○○さん」という具合で、当てると感想を言ってくれました。低学年の子は率直で純朴な感想を、高学年になりますと、もはや大人のような感想で、内容の理解力も素晴らしいものでした。子供たちの目と感性は鋭く、そんな風に見えたのかとか、そんな風に感じたのか、ということは、こちらにとっても良い学びになります。明日も待っていてくれる子供たちのために、頑張りましょう!
2017年07月12日 コラム
秋田市の中学校に参りました。近隣の小学校3校もふくめた合同開催で、500名を超える児童、生徒さんでした。合同のため大勢での鑑賞会となりましたが、小中学生共にとても落ち着いて見てくれました。体験も中学生はなかなか声を出してくれないのですが、小学生と一緒のせいか、大きな声を出して年長の貫禄を見せてくれました。校長先生からも、「私達も楽しめました」と喜びの声をいただき、最初の秋田公演が無事に済んで良かったです。 秋田の暑さには驚きましたが、これからの頑張りたいと思います。
2017年07月10日 舞台のこと
今日は年に一度の歌仙会(非公開の玄人稽古会)でした。20代の頃から参加させて頂いている会ですが、何年経っても慣れませんね~。何と言いましても、師匠をはじめ諸先輩方(段々後輩の方が多くなっていますが)の前で、舞台を勤めるのは緊張します。50代になって70代、80代にビビル、まさに日本の古典芸能デスネ~🎶。 今年私は「安宅」を延年之舞の小書でさせていただきました。この小書はとても重い小書なので、容易くはできないのですが、稽古会ということもあり、お許し頂きました。この舞の特徴は何と言いましても、舞の中で「掛け声をかけて飛ぶ」ところにあります。初めて見たときには、たいそう驚きました。650年も続いていると、色々な種があって、知らないことが沢山あり、奥が計り知れないという印象を持ったものでした。そんな特別さんですが、いつか能「安宅」を延年之舞で勤めてみたい、という希望と夢を持ち、今日はこれから延年...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE