2017年06月18日 舞台のこと
能を知る会の東京公演が済みました。本日は国立能楽堂に、満員のお客様にご来場賜りました。ありがとうございました。能は「一角仙人」、額に1本の角を生やしている仙人のお話しです。内容は神通力の強い仙人が龍神を閉じ込めたため、雨が降らなくなり、刺客に美しい女性を派遣し、お酒を飲ませて酔った隙に龍神が脱出するという、わかりやすいお話です。場面転換もよく、面白い能なのですが、舞台上に出すものが多いのです。龍神が乗っている台、その上に閉じ込めた岩屋、仙人の住む小屋、舞台上に一人で運べない物が3つも出るのです。その上登場人物も多いので、後見や楽屋内は大忙しです。それにしましても、この曲はシテに限ります。自由にやれたら「さぞかし楽しかろう!」という曲なので、いずれ是非勤めてみたいと思っております。
2017年06月17日 舞台のこと
左右の長さを調整する前ですが、7月1日(土)の桃李の会の「道成寺」で使おうと思っている、大翼元結(髪飾り)が出来上がりました。久しぶりに作ったので、暫し格闘の末の完成でした。大きい紙が、髪飾りになったわけです!赤い棒は打杖という、鬼女の武器のようなものです。こちらも今回新たに作りました。形になる物が次々と出来上がっていきますと、気持ちも高揚します。打ち合わせを進めながら、期待も高まります。ありがたいことに、お席は完売御礼となっています。ご来場いただきます、お客様と共に、会と舞台の成功を祈念したいと思います。...続きを読む
2017年06月16日 お稽古のこと
今日はさいたま新都心ホテルラフレの「杜若」最終回でした。「草木国土 悉皆成仏」ここに到達点にした所に、この曲の自由さの到着点を見出だしたように思います。伊勢物語というある意味自由な物語を元に、美しく自在な曲にしたと思いました。デザートのマンゴープリンにはザクロのソースが程よいアクセントでよろしく、ココナッツ団子は柔らかで、劇中の二人のようでした。 さて、来月からは平家物語の世界、「俊寛」の物語です。ご興味のある方は万障をお繰り合わせの上、是非お出掛け下さい。 http://nohnohana.com/afternoon2017/shunkan/ ...続きを読む
2017年06月15日 コラム
小学生から稽古を始めて、中学校入学時には、玄人志望になった子がいます。現在中学3年生になり、受験勉強と並行して稽古を進めています。「感覚的に覚える」を中心に稽古しますが、ある程度の理論も必要になってきます。なぜ?という疑問を持つべきですし、その答えもわからなくてはいけません。たまに節の無いところで、節を謡ったりするので、上謡(小段)の所を譜面に書かせてみました。100点満点とはいきませんが、大方解っていたと言うことが、こちらも確認できました。節と考えますと、とても難しい気がしますが、音と考えてみますと、変化としては上がるか下がるなんですね。それを聞き分ける耳を持ち、それができたら上げ下げの過不足を調整すれば、正解に行きつきます。また、謡えるところを譜面で見れば、裏付けとしてとてもいいです。今は真っ直ぐ、正確に、育って行く姿は、、楽しみであり、頼もしくもあります。最初のステップ頑張れ!
2017年06月14日 お稽古のこと
さいたま新都心のホテルラフレの無料体験講座が、明後日16日(金)の16時と近付いて参りました。ここでは今更改めて聞くのも、といったようなことにスポットを当てて、お話しします。今回は能楽の囃子にてついてです。「五人囃子の笛太鼓〰🎵」の由来やら、各楽器の特徴やらお話し致します。お申し込みもまだまだ受け付けておりますので、ご興味のある方は、ぜひお出掛け下さい。詳細はこちらです。↓ http://nohnohana.com/afternoon2017/shunkan/ 宜しくお願い申し上げます。
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE