2017年05月25日 舞台のこと
同門の佐久間師の武田神社薪能の申し合わせが済みました。ご本人の地元での薪能、まさに「故郷に錦」です。今年で13回目、早いものですし、頑張ってよく続けているなーと思っています。続けていくのは、大変ですからねー。今年の曲は「隅田川」彼には再演となる曲ですが、薪能の野外舞台では、一苦労ありましょう。子方はこの春から小学校一年生になった長女ちゃんです。この子はとても落ち着いている子なので、安心していられます。薪能は夜に掛かりますので、睡魔大王の襲撃だけが唯一気になるところでしょうか。ともあれ、親子で舞台を勤めることは幸せなことです。お母さん役のお父さんが感極まらないよう、祈りたいと思います。
2017年05月24日 コラム
ここのところ毎年のように、日本外国語専門学校の学生さんに能の体験や鑑賞をして頂いています。理事長先生のお考えで、外国語を話せることは当たり前で、その内容に重きを置きたい!その思想のもと、校内には華道、茶道のための施設もあり、古典芸能も学生さんの教養として、お考え頂いているようです。気心の知れた担当の先生もいらっしゃり、細かい打ち合わせもできますので心強い限りです。当方としましてはご要望に応えるべく、他のものとの違いや特色、他の人に説明する時のことなどを意識して解説します。体験では謡ってもらいますが、社会へ出ていくことを意識している人は、自ずと取り組みかたが変わります。意思を伝えるためには、人と話すためには、しっかり声を出さないといけません。海外の方と、ということになればより切実です。能の発声腹式呼吸は、とても良いやり方だとおもわれます。今日の講座は9月24日(日)の自主公演鑑賞の事前講座で...続きを読む
2017年05月23日 お稽古のこと
お稽古場が都内を中心に幾つかあります。多くはないのですが、使い方を工夫して便利に利用することにしています。今どきはお勤めの方の移動もあり、いままで通っていた曙橋より、さいたま新都心の方が便利とか、引越で西荻窪が便利、になったりします。お弟子さんとのタイミングが合えば、便利のいいところに移っていただくことにしています。お稽古は細くても長く続ける方が、短期集中よりも上達できます。お弟子さんとの出会いもなにかのご縁ですから、長く続けられる環境を整えたいと思っています。細くても長いお付き合いができれば、上々です。
2017年05月22日 コラム
最近時間を見つけて異業種交流会に参加します。普段は舞台の事が全てなので、全く違う仕事の話を聞くのがとても楽しいです。そして大変ためになります。自分自身には勿論のこと、社会へ出る学生さんたちの講座の場合は、教わったことを混ぜてお話しします。成功者と言われる人たちの体験談や考え方は、そのまま人生を豊かにするレシピになりそうです。今日も熱く、豊かな時間になりました。若い人たちを育てるために、芯を変えずに順番を変える。最近なんとなくしていましたが、言葉にできると確信が持て、ちょっぴり自信になりますね!
2017年05月21日 お稽古のこと
お仕事の都合や体調不良が重なり、忙しいと体調も崩しやすくなりますが、暫くお稽古に来れなくなる方もいらっしゃいます。ご本人がやる気を無くしてしまったのならば、残念ながら仕方ないかな。ただ本人はやる気満タンの場合、一段落しますと再開という運びになります。それが、ゆかた会(稽古会)前のビミョーな時などの場合、ご本人も会に出るべきか否か迷うわけですね。出たくもあり、出たくもなし。それこそこちらの腕の見せ所、と言いたいところですが、僕はものすごく考えます。ご本人にとって最善はなにか?脆弱な自身のメインコンピューターをフル稼働、煙が出ないように上手にアルコールなどで冷やしながら⁉提案を練るのでした!ご本人が納得の行く結論が重要で、道が決まればそれを進めて行くのみとなります。あとは応援かな!
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE