2017年12月04日 舞台のこと
同門鈴木啓吾氏のご先祖様にあたる、鈴木三郎重家を元に作られた曲「語鈴木」が、この度復曲上演されます。この度は「鈴木三郎重家」と曲名を改めての復曲上演です。重家は義経の家臣としましては、大変な猛者で、最後まで義経に随行していたのだそうです。 重家は母の身を案じて義経一行から一度は離脱するものの、義経の元に向かいます。運悪く頼朝側に生け捕られますが、頼朝を論破し、頼朝から自分に使えるように言われるものの、義経の元に向かうという筋です。 現在物で場面転換もはっきりして解りやすく、現行曲にはない事などもあり、真新しい事もあり、面白くなっています。今日の打ち合わせで大筋はまとまりました。これでシテの鈴木氏の気持ちが固まれば、方向性が決まります。楽しみにしたいと思います。
2017年12月03日 コラム
同門佐久間氏の会が無事に済みました。こちらの会は毎年国立能楽堂が満員になる、人気公演です。今年も満席のお客様の前で、親子共演の「橋弁慶」と安徳天皇を出す特別演出の「碇潜」を上演しました。  「橋弁慶」はお父さんも 緊張気味で、子供と一緒に舞台を勤めることは大変なんですよね〰気持ちはよくわかります!二人とも頑張って、無事に済んで良かったです。  「碇潜」で安徳天皇役を出しますと、後半はがぜんリアルにセツナクなります。入水シーンの後、知盛が大きな碇を頭上に持ち上げて、舞台をところ狭しと動き回るのは圧巻です。  「碇潜」は場面転換がわかりやすく 写実的なので、ご覧になる方にもお楽しみ頂けたことと思います。  年内の会もこうして一つずつ、片付いていきますね。
2017年12月02日 コラム
緑泉会の納会も無事に済みました。 「葛城」の副地頭と「船弁慶」の地頭と仕舞「簓之段」は、なんとか無事に済みました。なかなかタイトでハードな番組でしたが、充実した出演となりました。 来年の緑泉会は新しいシテのメンバーを加え、能3番の時もあるようです。大変だとは思いますが、新しいメンバーが増えてくれることは、有り難くもあり、楽しみでもありますね。演能を楽しみにしたいと思います。 「船弁慶」のシテ津村氏は、お孫さんとの共演でした。お幸せですね! お孫ちゃん元気に頑張ってやっていました。果報者(狂言ぽいですが)の、祖父でしたね。「船弁慶」はよく出る曲ですが、子供にはとても大変なんです。頑張ったお孫ちゃんと、舞台が済んでから一緒になった津村氏の、幸せそうな顔がなんとも印象的でした。来年も楽しみに、出演させて頂きたいとと思います。
2017年12月01日 舞台のこと
今日は同門佐久間氏の申し合わせがありました。ご息女と「橋弁慶」、もう一曲「碇潜」です。 以前私も子供と一緒の舞台を勤めさせていただく機会がありました。大先輩から、とても「幸せなことです」と言って頂いたことを思い出します。大変なことも多いのですが、一生の記念になりますね。舞台を勤めることは、親も子も大変です。親の言い分としましては、一人の方がいい、なのですが、子供はもっと必死でやっています。上手く行ったときは、双方ともに格別な財産になります。二人とも頑張ってください、私も楽しみにしています。
2017年11月30日 コラム
今日はタイトな一日になりました。 午前中は緑泉会の申し合わせがありまして、「葛城」は副地頭、「船弁慶」地頭、加えて仕舞「簓之段」を舞わせていただきました。充実した出演です。 昼はお弟子さんの稽古を、夜は横浜の舞台で学生鑑賞会でした。毎年続いている鑑賞会です。解説もありまして、狂言と能の公演で、今年もつつがなく済みました。 移動の電車が一日中、乱れている感じで、ハラハラする場面も有りましたが、滞りなく一日済みまして、ホットしています。 明日からいよいよ師走ですね、この月はことのほか早く過ぎていきます。本年の締めくくり、気を引き締めてもう一踏ん張りですね。
2017年11月29日 コラム
富山事前学習、ワークショップが全て無事に済みました。本日参上しました学校は、富山では唯一の中学校でした。体験では中学生らしい反応をしながら、頑張ってやってくれました。嬉しいですね。  能面を着けて歩く体験をしてもらいます。見るとやるとでは、随分違うので、見ていると簡単そうなことが、やってみると大変だったりします。体験した生徒さんの感想が、それをリアルに物語ります。  能面は顔につける前に、いただいてから着けます。そんな話から、200年300年と使い続けたい能面は、自分の所有物となっても、次代へ渡せるように、大切に保管をするのです。このような話しも含め、今回の事前学習で話すことが、色々な教科と複合的につながるのだそうで、とても喜んでいただけました。各学校さんから、本公演が楽しみですと感想を頂き、来月の本公演がより楽しみになりました。 天候に恵まれ、暖かく、青空に雪の立山連峰が美しい雄...続きを読む
2017年11月28日 コラム
今日は富山の小学校に、事前講座に参りました。担当していただける先生は、気持ちが張っていらっしゃるのでしょう、緊張感がとても素敵に思えました。先生のお気持ちが、児童にも響きますね。 子供達は礼節をわきまえ、のびのびと話して、体験をできるところが良かったです。質疑の子供は、別人のように根本的な事を質問します。大人の気付かないことを、疑問に思うところ、最も怖い時間ですが、一番勉強になる場面です。矢継ぎ早に出る質問に答えながら、他のみんなの顔を見ますと、目がキラキラ。こちらではキトキトと言うのでしょうか。理解力、意識、共にとても高いので、来月本公演に来るのがとても楽しみです。 暖かい富山に迎えて頂いて、驚く程美しい立山連峰と出会えたことに感謝です!...続きを読む
2017年11月27日 コラム
今年の学校公演も来月の新潟、富山公演が最終になります。来月の富山公演に向けての、事前学習のために、富山に参上しました。 本日の小学校は750名という、大勢の児童が体育館狭しと参加してくれる学校でした。2時間授業の間の休み時間は、元気一杯でしたが、授業中はお行儀よく、積極的に参加してくれました。 正座をしてきちんと挨拶をする所から始め、謡で声を出し、摺り足体験では750名全員に参加してもらい、圧巻の体験になりました。舞は「土蜘蛛」の型をする代表の児童と、謡う児童に別れてしました。短時間で教えて、すぐに謡えるようになるところが、子供のすごいところです。型をする人と謡う人と、充実した体験ワークショップになったと思います。 最後にご挨拶に出て来てくれた児童さんから、「能も楽しい」と言ってもらえましたので、良かったです。 頑張り甲斐があります。明日の学校も楽しみですね! 宿近くの富山...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE