2008年09月01日 浮舟」を上演します過去のHana

10月2日(木)に鎌倉の舞台で「浮舟」を上演致します。
今年は源氏物語千年紀にもあたり、源氏ゆかりの曲はぜひ務めたかったので、浮舟を上演できますことは嬉しい限りです。

宇治十帖の中にあります浮舟・薫・匂宮の物語は光源氏から見ますと孫、第三世代になります。恋のあり方につきましても源氏の頃とは随分様子が違うようで、薫が大切にしていると知りながら、自身の思いを止める事ができない匂宮。また、頼りになる薫を解りつつもどこかで匂宮に惹かれてしまう浮舟。周囲の人も巻き込み次第に追い詰められていく浮舟がとる哀れな結末。浮舟自身が望んだ不幸ではないことを思いますと、気の毒ではあります。

能「浮舟」は在りし日の浮舟自身を、寄り所の定まらない柴積舟に喩え、薫と匂宮の間に挟まれ苦悩した日々を、罪と思い続けている女性として現れます...続きを読む

2008年08月01日 第三回奥川恒治の会『井筒』のご案内過去のHana

おかげさまをもちまして今年で三回目を迎えることができました、私の自主公演「奥川恒治の会」をご案内申し上げます。

三回目の今回は世阿弥作の中でもとりわけ代表的な「 井筒[いづつ] 」という作品を取り上げます。この作品は前半の動きがほぼ無く、後半も激しい動きの無い曲なのですが、世阿弥が確立した「能」という演劇の一つの到達した形(完成形)となった代表作です。
世阿弥は、伊勢物語の中でも特に有名な二十三段「筒井筒」を題材に、男女の恋愛をモチーフとして「夢幻能」という形式を作り上げました。それは、舞台上で展開される全ての出来事は「夜明けと共に醒めてしまう僧の夢」という終わり方をするものです。能としてのストーリーは、有常の娘を主人公に...続きを読む

2008年07月01日 ラジオに出演します過去のHana

今回はラジオ出演のご案内です。私が今年5月から始めました「神楽坂週末講座」について、ラジオ日本さんから取材がありました。立川こしらさんがパーソナリティを勤める朝の番組です。内容は「能とは?お稽古とは?」といったことや、「年齢を問わず楽しむことができるか?」ということです。

能が古くから伝わる芝居であることや、お稽古は年齢を問わず楽しむことができるということ。自分自身のためなので、それが芸の向上であったり、健康のためであったり、ストレスの発散であったり、 自身に合った楽しみ方を見つけられると楽しみも倍増することなど、うまく伝えられれば良いのですが・・・。

放送は7月3日(木)午前7時15分頃の予定です。お忙しい時間帯とは存じますが、お聴き戴けましたら幸いです。

2008年06月13日 中学生鑑賞会過去のHana

先日11日水曜日に本郷中学校の芸術鑑賞会で、能・土蜘蛛 狂言・棒縛を生徒さんに見てもらいました。学校から1時間の枠を頂いて、事前講座をさせてもらっての鑑賞でした。中学生に能や狂言を好きになってもらえれば言うことはないのですが、普段馴染みの薄いものでしょうから、興味や関心を持ってもらえるように考えました。なるべく中学生に解りやすいテキストを担当の先生と協力して作り、事前講座では謡の体験もしてもらいました。テキスト作成にあたりましては、デザイン担当の方に大変ご尽力戴きました。また上演に当たっては見やすいように若干の変更等、出演者にもご協力戴き色々と工夫しました。ご協力戴きました皆々様には改めて御礼申し上げたいと思います。

現代の音響、映像に慣れ親しんでいる中学生にとって、どんな風に映ったのか?公演が済んだ今は、私のほうが興味を持っています。担当の先生とは後日...続きを読む

2008年06月02日 恒例になりましたゆかた会です過去のHana

今年も毎年恒例となりました、 社中のゆかた会を7月21日(月)に矢来能楽堂で12時より致します

華友会の皆さん全員が一堂に会して、日頃のお稽古の成果を発表するとても有意義な一日です。
番組を見ているだけでも、毎年それぞれの方の進歩を眼にして嬉しいのですが、やはり実際に立ち会いますと、とても楽しいです。今年もありがたいことに、新会員の方の初舞台をお披露目できます。また新人だった方々も経験を積み高みに、ベテランの方はより深みのある舞台になるのではないかと楽しみにしています。そして今年は5月からお稽古を始めたばかりの、韓国からの留学生の女性が出演するべくもっか特訓しています。辞書を片手にこちらの頭が下がるほど熱心にお稽古をしています。謡がとても楽しいと目をキラキラさせてお稽古している姿は、私も見習いたいほどです。...続きを読む

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE