2017年04月17日 お稽古のこと
四月も半ばになり、お稽古場でも夏のゆかた会の曲目の話などが出始めます。ご年長のお弟子さんから、会への出演やお稽古の事などご相談がありました。会の出演に対する様々な不安、ご自身のこと、ご家族のこと。お稽古場の先輩の例もあり、ご迷惑を掛けてしまわないか?だからと言って、初めから会には出ないとなりますと、お稽古の目標や甲斐が無くなってしまうのではないか。お稽古は続けてこそですが、気持ちの置き所なく、つまらなければ続けようもないです。とても大切なことなので、よくご相談しまして、一人で出来ることをしてみましょうか、という提案になりました。そして次回のお稽古までに、お考えをまとめられるそうです。 やり方の工夫は僕の仕事です、楽しめて向上した成果が得られるように、知恵を絞りたいと思います。
2017年04月16日 舞台のこと
今日は新潟で会がありました。故遠藤六郎師の地元でもあり、ご存命の頃から折に触れ、新潟、長岡の演能会には及び頂いておりました。現在は二人のご子息が後を引き継いで、会を承っています。このところは面白い企画をして、ご来場のお客様にお楽しみ頂けるように工夫しているようです。本日は1部が「二人静 」、2部が「船弁慶」で、一人が通して静御前を演じる企画でした。1部は満席、2部もほぼ満席と大勢のお客様にお運び頂きました。ご来場のお客様には厚く御礼申し上げ、次回を楽しみに待ちたいと思います。「船弁慶」の静御前役の遠藤和久さん、ご長男と親子共演になりました。幸せですね!
2017年04月15日 お稽古のこと
お稽古は続けることに意義があり、進歩があります。お弟子さんも続いているかたは、10年からそれ以上になり、身内のような感覚になります。今日はこのところ体調と仕事の都合でいらっしゃれなかった人の、臨時稽古日にしました。長いお付き合いになれば、そんな時もでてきます。普段別の場所にいらっしゃっていても、自宅にお稽古場があるとそう言ったご要望に対応できるところがいいです。お稽古ではこんがらがった記憶の糸をほどきます。合点がいって、納得できれば今日の成果、必要以上に進めずに、先は次回の楽しみにします!
2017年04月15日 日々のこと
一昨日は高校の同級生と会って、話しとお酒がすすみました。毎年ゴールデンウィーク中に担任の先生方をご招待して、3クラス合同の同期会をしています。男子校なのでおじさんが30人位集まってしまうこともあり、かなりむさ苦しい状況ではありますが、楽しい!ご高齢の先生で、これがまたお酒が大好きで、なにを差し置いてもいらっしゃってくださる先生がいます。この先生の授業は解りやすく、面白かったので、現在の僕のお手本になっています。さりながらこのところ歩行器が必要となり、お酒の席は難しくなってしまいました。今年からどうしようかと相談の末、先生に会いたい人は少人数で訪問して、飲み会は申し訳ないのですが、お声を掛けずやろうと言うところで落ち着きました。お互い50を過ぎて、持病の一つも持ちながらも「深刻じゃなくて良かった」と笑って飲めるうちがハナでしょうか!段々と安否確認の域に入りますが、それもいいかな。
2017年04月13日 日々のこと
今日は同門の後輩の写真撮影のお手伝いをしました。撮影は幾度となく参加していますが、目でみるのと、カメラのレンズから見える絵とが違うところに最初の頃は苦労しましたが、最近のカメラはPCで見ることができるのでありがたいです。天地が逆になっていたりすると、面の向きなど分かりにくいものでした。写真は出来上がるとカメラ独自の世界があって、新たな発見や気付きがあり、それを見るのはとても楽しみなのでした。
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE