コラム

2017.10.05

福井県の大野町の小学校へ参りました。お隣の小学校からも児童がやって来まして、合同開催になりました。全体400名位になったようです。
大野と申しますと、大野出目家(能面打ちの名門)縁の土地になります。こちらに伝わっている面や、伝承館的な物は無いようで、残念ではありますが、学校ではそんなお話もしました。大野家の面は全国に行っていますので、舞台上ではお目にかかれますが。子供たちは活発で、元気よく大きな声を出して、囃子も狂言も体験していました。笛はなかなか音が出ないので、体験の子は大変です。ただフルートや祭り囃子の笛などの経験者にしてもらいますと、音も出やすく、指使いを覚えるのも早いです。吹ける子も出ますので、音を出すことがどれ程大変かわかっている、玄人内を驚かせます。
京都、福井公演も無事に済みました。東京に一先ず戻ります。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE