コラム

2017.10.10

丹後久美浜の中学校に参りました。当地は喜之家にはご縁の深いところで、この度は喜之先生もご出演という、豪華番組での演能です。私も幾度となく伺わせて頂いておりますが、こちらの公演と申しますと、長男と来たことを思い出します。「隅田川」、「鞍馬天狗」の2曲の子方のお役をいただき、電車を乗り継いでやって参りました。今でも5時間掛かります、長時間の電車移動に加えて、最後はディーゼル車に乗ります。独特の臭いが後押しをし、乗り物に弱い長男は見事に電車酔いとなりました。気の毒でしたが、会場の都合がありますので、駅から会場へ直行、前日のリハーサルとなりました。右手に扇、左手にエチケット袋、健気な姿でした。会場のスタッフは皆さん「大変なんですね!」と。子供もいつの間にか成長し、私よりも大きくなっています。ありがたいことです。数年ぶりの豊岡の町は少し変わっていました、子供たちも成長という変化を遂げてほしいと思います。
師匠喜之師とお食事をご一緒しました。内弟子時代いつもご一緒にお食事を頂いていました。何年経っても変わることなく、一緒にお食事をいただけることは至福の時です!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE