コラム

2017.10.11

丹後二日目は小学校に参りました。
体育館の床に舞台を設営しまして、100名程の児童に間近でじっくりと見てもらいました。楽器の体験は代表者が実際の楽器を舞台上で演奏し、他の子はその場で手を使って演奏を真似て、掛け声は全員で掛けます。そして、練習後最後は全員参加でセッション、合奏するのですから、もれなく楽しめます。狂言の体験はいつでも大きな声でセリフを言ったり、笑ったりして、手放しで楽しめます。
前回行った福井の中学生が、堅苦しいと思っていたけれども、とても楽しかったと言ってくれました。楽しいところが沢山有りますので、ぜひ知って、体験してもらいたいと思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE