2007年07月02日 19年ゆかた会過去のHana
このところ夏の恒例行事となってまいりました「ゆかた会」を今年もいたします。
本年は7月15日(日)と例年より早くにいたします。 今回も初舞台となる新会員さんをはじめとして、習い物の「隅田川」を 披くベテランの方までバラエティーにとんだ番組となりました。例年よりも早い分、お稽古の回数がそれぞれのお稽古場で1回分少ないのですが、日頃のお稽古の成果を...続きを読む
2007年06月11日 グレース過去のHana
グレースという女性向けの月刊誌に載りました。
最近注目をあびている神楽坂の特集記事で、矢来の能楽堂も取り上げられました。
女優の羽田美智子さんが神楽坂を散歩しながら散策する企画で、お仕舞のお稽古も体験したのです。羽田さんは元々舞踊経験がお有りだそうで、立ち姿もとてもきれいでした。
...続きを読む
2007年05月07日 源氏物語「夕顔」を上演します過去のHana
6月30日に源氏物語でお馴染みの「夕顔の上」を主人公にした「夕顔」を上演致します。
しっとりとした源氏物語の世界をご堪能下さい。 豊後[ぶんご]の国(大分県)の僧(ワキ)が都にやって来ます。都の名所を廻り五条辺りにやって来ると、女(前シテ)の、歌を吟ずる声が聞こえてきます。 「山の端の 心も知らで行く月は...続きを読む
2007年04月17日 九皐会・歌占過去のHana
4月8日は気持ちの良い青空が広がる日曜日でした。私は九皐会で「歌占」を勤めさせて戴きました。この曲は伊勢の国の若い神職の男が諸国一見の旅中に頓死し、三日後に蘇生したため、白髪になってしまったと言う話です。 男は短冊に小弓を付け、それを引かせて書いてある歌で占うという歌占をしていました。ある日訪れた少年が自分の子供で、再会をするというのが大筋です。その子供の役を私の長男にさせました。...続きを読む
2007年04月02日 慶福寺の枝垂桜過去のHana
3月29日(木)に蓮田の慶福寺にお稽古に行って参りました。ここには名物の枝垂桜がありまして、 地元紙で取り上げられる名木です。 毎年写真でご紹介をと思いつつ なかなか見ごろに会いませんでした。 散り始めてしまいましたが、 ...続きを読む
2007年03月29日 春分の日のお寺の催し過去のHana
町田にある「孝養寺」というお寺で、ワークショップをして参りました。解説に素謡[すうたい] 、仕舞という内容でした。 仕舞は「玉ノ段」を舞わせて戴きました。 これは「海士」という曲の中で主人公の母親が、 龍宮に命懸けで玉を奪還しに行く場面を仕舞にしたものです。 それともう一つ素謡は「鵜飼」を致しました。 「鵜飼」は若年から始めた鵜使いが老年になっても、 止めることができない業を持...続きを読む
2007年03月20日 小樽体験講座過去のHana
3月16日小樽に小学生のための体験教室に行って参りました。今回参加してくれたのは5・6年生の生徒さんでした。 謡に演技に囃子の楽器体験、能・狂言の鑑賞と、 短い時間ながら盛りたくさんの内容でした。 生徒さんにとっては何もかもが初めてのことのようで、 驚いたり、戸惑ったりしながらも短時間で馴染み、体得していく所はすごいですね。 理屈を考...続きを読む
2007年02月14日 講座終了報告過去のHana
4回に渡る入門講座が終了しました。 3回のコズミックセンターでの実技(謡)を交えた講座と、能楽堂でのステージツアーを致しました。 当HPからもお申し込みが有り、嬉しいかぎりでした。 講座の方は謡っていただく実技が、思いのほか楽しんで頂けたようでした。 講座内容も理解していただけたようで、ほっとしています。 能楽堂でのステージツアーでは楽屋見学の他...続きを読む
2007年01月18日 能楽堂特別ツアー過去のHana
2月3日(土)15時より矢来能楽堂にてバックステージツアーを致します。今回のツアーではただ楽屋を見ていただくだけではなく、 作り物(大道具や小道具)を間近に見ていただこうという趣向です。 もちろん実際に使ってご覧いただきます。 また、解説のゲストに能文社代表の水野聡氏にお話していただきます。 ご自身の著書もある水野氏の造詣深いお話は、とても貴重なものです。...続きを読む
2007年01月16日 亥年になりました過去のHana
穏やかな年明けになりました。
本年も宜しくお願い申し上げます。 今年は1月から鎌倉県民能での「葛城」のシテと、九皐会で「弓八幡」のツレとお役をいただき、充実した年初めとなりました。「葛城」は笠の紐が外れてしまうトラブルがあり、 見所の皆様にご心配をお掛けしたのではと、心苦しく思っております。 銀世界の中に現れる女神の姿が、映れば幸いです。 ...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE