Hana - Part 180
2017年11月22日 コラム
今日も冷えましたね、いよいよ本格的な冬になりますかね。 今日はさいたま新都心のホテルラフレのお稽古日でした。ありがたいことに能楽アフタヌーンの参加者は増え、その増えた人数で和気藹々と講座が進んでいます。おかげさまで、楽しいです。今日は「野宮」の前半の山場から前半の終わり部分まで読み解きました。源氏の仕打ちを鑑みますと、どうもやりにくい感が拭いされません。女性の意見は活発で、まさにその通り、とい...続きを読む
2017年11月21日 お稽古のこと
同門坂氏の会の申し合わせが済みました。今年はお嬢ちゃまと「隅田川」です。「隅田川」はシェイクスピアの悲劇に、勝るとも劣らないと言われている、人気の名曲です。また、今年は亡父真次郎氏の13回忌にあたるそうで、追善の会になりました。早いものです。お父様もお力添えの事と思います、子供と一緒の舞台は大変ですが、二人の成功を楽しみに、当日を迎えたいと思います。  私は来年1月の「翁」のための稽古が始まりま...続きを読む
2017年11月20日 お稽古のこと
最年長のお弟子さんのお稽古をしました。以前はオーバー90才の方がいらっしゃったのですが、卒業されたので現在はその下の世代と言うことになります。下の世代とは言え、お稽古に通っていらっしゃるだけでもすごいと思うのですが、とても意欲的な所がなんと言って素晴らしい!謡も仕舞も両方お稽古していて、舞は「弱法師」という盲目を男性を主人公にした曲を稽古しています。盲目の主人公なので、杖を使って舞います。杖だけで...続きを読む
2017年11月19日 お稽古のこと
気温が下がりましたね、朝の風は冬の臭いになりました。近所では鮮やかな紅葉になかなか出会わないのですが、落ち葉の中を歩くのも気持ちのいいものです。 今日は朝から一日、お弟子さんのお稽古日だったのですが、皆さん「寒い」というキーワードを口にしながら、お稽古場にいらっしゃいました。寒い季節になりますので、体調管理にも気を付けないとですね。 「はじめの一歩」を1月から始めた方は、12月で1年になりま...続きを読む
2017年11月18日 舞台のこと
同門小島氏の会が済みました。「野宮」やはり大曲でしたね。こういった曲は見る人の好みも別れますので、個人の会で一曲だけの上演曲として出すには、なかなか勇気がいります。小島氏頑張りましたね!前半シテが一度座ってしまうと、中入で幕に引く間際まで立ちません。それでも舞台が進行しているところが、能ならではの演出になりましょうし、そこがご覧いただく方には、厳しいところです。ですが、矢来能楽堂くらいのスペースで...続きを読む
2017年11月17日 コラム
同門桑田氏の社中の会の申し合わせが済みました。囃子が10番ほど出る、立派な会です。会主、会員共に誇らしい会になりますね。今日の申し合わせも、皆さん熱演で当日が楽しみです。日頃のお稽古の成果を余すところなく、発揮していただきたいと思います。 桑田氏は二人のお子さんがいまして、とても仲良しの兄弟です。二人で「小袖曽我」の舞囃子を舞うのですが、可愛いと言うよりも、良くできます。本番が楽しみです。26日...続きを読む
2017年11月16日 コラム
東京オリンピックの時に、海外からのお客様の鑑賞ニーズに応えられるようにと、能のリレー公演が昨年から始まりました。リレー公演とは会場、日程を変えて、同じ曲の公演をしていきます。能は連日公演や連続公演を、通常はしないため、限りある日程でいらしたお客様が、どこかで能公演を見ることができるようにと、企画されたものです。今年は宝生流と観世流2家で「安達原」を3回公演します。今日は19:00から矢来能楽堂での...続きを読む
2017年11月15日 舞台のこと
今日は「県民能のための能を知る会」の横浜公演でした。私は久しぶりに「車僧」の仕舞を舞わせていただきました。こういった激しい曲は、最近なかなかないのですが、やはり楽しいですねー。おかげさまで、おもいっきり舞わせていただきました。 能は「谷行」という、とても珍しい曲です。脇方と子方で作るような曲で、脇方が大勢出演の上、子方の比重が極めて多いため、なかなか出ない曲になってしまいます。さりながら、内容は...続きを読む
2017年11月14日 お稽古のこと
長くお稽古をしていていても、不透明な部分、よく解らない部分が出てきます。早い段階で、解決していればいいのですが、過ぎてしまって聞きそびれていると、なかなか聞けないんですよねーきっと、今さら感がありまして。それを解決しようという試みを、始めた人たちがいらっしゃいます。偉いですね!説明は繰返し繰返し、問題へのアプローチは角度を変えて、本人が理解して納得できるようにします。ご本人が投げ出さない限り、必ず...続きを読む
2017年11月13日 コラム
同門小島氏の会の、「野宮」の申し合わせが済みました。大曲「野宮」に挑戦ですね。こういった曲は身体的な善し悪しが目立ちやすく、なんと申しましても演者の思考が問われますので、厳しい曲です。通りたい道ではありますが、かなり覚悟しないといけませんので、「こわいながらもとうりゃんせ」です。私も舞台に参加させていただきますので、できる限りの事をさせていただきたいと思います。 そのまま引き続いて鎌倉県民能の...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE