2018年10月28日 コラム
本日は師匠喜之師と喜正師の社中の、合同発表会がありました。天候に恵まれ、心地よい会日和なりました。 大曲も数々でましたが、私自身は本日はなんと申しましても、素謡「姨捨」の地謡につきましょうか。喜之師が地頭で、地謡に初参加させていただきました。能の曲でも最高位に位置する三老女の一曲、「姨捨」。その地謡を師匠と一緒に謡える日が来ようとは、思っておりませんでしたので、その思い入れもひとしおでした。 ...続きを読む
2018年10月27日 コラム
神奈川県南足柄市にあります、善福寺さんで奉能でした。今年でかれこれ5年になりましょうか、毎年続いていまして、ありがたいことです。 今年は「経正」の能でしたので、夜のお寺で上演するにはうってつけの曲となりました。 「経正」の舞台は京都の仁和寺ですが、お寺を舞台にしている点は共通です。ご来場の皆さまも、お寺の雰囲気ごとお楽しみいただけたのではないかと思います。 会の前にはご住職のお話しが...続きを読む
2018年10月26日 コラム
入院生活をしている方に、久しぶりにお目にかかりました。当初は言葉もはっきりせず、心持ちも落ち着かないようでした。常にかくしゃくとしていらっしゃった方なので、心配でした。 ご本人、随分頑張ってリハビリに取り組んでいらっしゃるようで、できることが増え、顔に生気が戻り、言語も引っ掛かることがなくなりました。 お話しをうかがっていますと、達観されているようで、こちらは畏敬の念といった感じです。「知...続きを読む
2018年10月25日 コラム
本日は日曜日の皐楽会、喜謡会の合同発表会の申し合わせがありました。久しぶりに、お目にかかる方も多かったのですが、皆さんお元気そうでした。また、演目もグレードアップしていまして、日曜当日が楽しみです。 私も素謡の「姨捨」の地謡のお役をいただいております。初役でもあり、師匠に教えていただきました。レパートリーが一曲増やせるように、しっかり勉強して当日臨みたいと思います。 午後からは蓮田市慶福...続きを読む
2018年10月24日 お稽古のこと
さいたま新都心ホテルラフレに参りました。秋晴れの日は眺めがとてもよく、これから冬を迎えますと、富士山が綺麗に浮かび上がります。ホテル自慢の景色です!厳しい冬になりますが、それは楽しみの一つになりますね。 講座は「融」の2回目、京の町に現れた老翁の人物像が、「陸奥、塩竈」といったキーワードで、段々と鮮明になって来ました。 融は難解です、向き合ってみますと、それがはっきりします。資料を用意する...続きを読む
2018年10月23日 舞台のこと
鎌倉の「県民のための能を知る会」に、参りました。午前中は学生能公演で、曲は「杜若」伊勢物語を題材にした静かな曲でしたので、どうかと思いましたが、よく見てくれました。大人でも寝落ちする曲ですからね!狂言は「蚊相撲」、これは人ほどの大きな蚊、っていたら怖いですが、面白い曲です。学生さんにも楽しんでいただけたようです。 午後は一般公演、配役は変わりましたが、番組は午前と一緒でした。通常午前午後でおこ...続きを読む
2018年10月22日 コラム
気持ちのいい秋晴れになりました。10月も下旬に差し掛かろうかという頃、紅葉を楽しみに待ちたいところです。 そんな清々しい日に、招かれざる客、台風26号が発生したという、ビッグニュースが飛び込んできました。海水温まだ下がらないのでしょうかね、11月の声を聞こうかという折り節!前回の24号以来、すっかり台風アレルギーになっている私としましては、恐怖です。はい、11月3日には、社中の発表会、しかも大...続きを読む
2018年10月21日 舞台のこと
本日は大田原市での薪能に、大蔵流狂言師善竹大二郎氏の依頼により、伺わせていただきました。 今日は朝から快晴のお天気に恵まれ、日中は暑いくらいの日差しでした。おかげさまで、番組は全て予定通り、つつがなく済ませることができました。 会場となりました大田原神社は、とてもアットホームな感じで、見所とも近い舞台でした。開演前には体験教室も行われ、ご参加の皆さまには、より能楽が身近なものになったので...続きを読む
2018年10月20日 コラム
本日は大先輩永島氏の、社中の会でした。私の子方デビューは「船弁慶」で、シテは永島氏でした。その事を思いますと、随分長い時間が経ちました。 トメは能「羽衣」で、こちらのおシテも、よく存じ上げている方です。「羽衣」はなにかと見る機会が多い曲なのですが、短縮しないで上演しますと、とても大変な曲です。本日は短縮しないでの演能でした。おシテさん、頑張りました!お疲れさまでした。 故永島誠二師のご子...続きを読む
2018年10月19日 お稽古のこと
今日は気温も下がり、肌寒い日になりました。蓮田市慶福寺のお稽古場は、ひんやりとしていました。 今月は、前半を学校公演など、東京を留守にすることが多かったので、大会前の追い込み稽古が始まりました。 昨晩もそうでしたが、大きく変わって来る方がいらっしゃいます。それは年齢とは関係ありません、ですからそうなると楽しいです。久しぶりのお稽古で、少しドキドキしながら始めますが、その間にしっかりお稽古さ...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE