2013年02月03日 九皐会別会「烏帽子折」過去のHana
寒気いよいよ厳しい毎日を迎えております。暖かい春までもうひと頑張りですね。 この度は九皐会別会4月27日(土)13時始(国立能楽堂)のご案内を申し上げます。次男恒成も子方で舞台に出演させて戴くようになりましたが、4月で小学6年生になります。近々声変わりとなり、子方も卒業と言うことになることと思います。今回の曲「 烏帽子 ...続きを読む
2013年01月09日 注連縄占い?過去のHana
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。 巳年の今年は、私と次男が年男です。なんとも時の流れを早く感じ、自分の事はあまり嬉しくないのですが、子供の事は喜ばしく思えます。次男はついこの間までヨダレ掛けをしていたような気がするのですが・・・。4月からは6年生となり、子方のゴールも見えだしました。4月には九皐会別会で「烏帽子折」をさせていたでき、9月には...続きを読む
2012年12月31日過去のHana
今年もいよいよ残すところわずかとなりました。 振り返ってみますと仏縁に恵まれた年でした。 6月の東日本の震災復興のために訪れた護国寺では本堂で上演、間近にご本尊を拝し、お話をうかがい教えて戴きました。10月には千葉県鴨川市の清澄寺に薪能でうかがいました。ここは日蓮上人が出家され、初めてお題目を唱えたお寺なのだそうです。境内は千年杉をはじめ、自然の道場ようなと...続きを読む
2012年12月05日過去のHana
早いもので今年も残すところ1ヶ月となりました。 1日が長く感じる日もありますが、年々歳々時間の経過が早くなっているような気がします。 時の経過を早く感じるようになって、時間というものをとても大切に思うようになりました。時間は上手に使えれば余裕にでき、逆ならば追われることになります。能繁期とも言われる今時分は煩雑な日々に追われがちですが、少し前からを心掛けたい...続きを読む
2012年10月05日 華友会後記過去のHana
 準備に費やす期間は長いものの済んでしまえば、瞬く間の出来事となりました。9月30日(日)「華友会秋季大会」が無事に済みました。大型台風が接近してくるハラハラドキドキの開催となりましたが、たくさんのお客様にも足をお運び戴きまして盛会となりました。 ご来場の皆様に御礼申し上げる次第です。ありがとうございました。 また会の間は台風の影響を受けずにすみ、ホッとしております。  ...続きを読む
2012年09月07日 松風後記:御礼とお詫び過去のHana
第七回奥川恒治の会が済みました。
ご来場戴きました皆さまには、御礼とお詫びを申し上げます。 当日お昼前になっても楽屋は暑いままでした。能楽堂事務所にお尋ねしたところ、空調は午前10時から入れているものの、故障とのことでした。修理業者の到着は15時頃になると。「松風」は始まっているであろう時間、修理できなかった場合は…なんとも微妙な始まりとなってし...続きを読む
2012年08月14日 松風 その四過去のHana
松風は行平の形見を身に付け、松を見つめています。そしてこんなことを口にします。
「行平が立って松風とお召しになっています。さぁ参りましょう」と 。
静から狂へと変わる瞬間です。 村雨はそんな姉を静止し、目前には松の木があり、行平はいないと言うのですが、松風は聞くどころか更に激しく高揚します。...続きを読む
2012年08月01日 松風 その三過去のHana
塩屋に戻ってきた松風村雨姉妹に、旅僧は一夜の宿を貸してほしいと願い出ます。姉妹は塩屋の内があまりにも見苦しいと断るのですが、出家の身ゆえと重ねて乞われ、宿を貸すのでした。
同じような場面が「屋島」という曲にありますが、かたや老人と若い男、「松風」は姉妹、自ずとその断り方にも柔らかさや情緒が滲みます。 旅僧は行平の歌の事や松風村雨姉妹の菩提を逆縁ながら弔った話しをしますと、二人の海士は...続きを読む
2012年07月17日 松風 その二過去のHana
諸国一見の僧(ワキ)が津の国須磨の浦へとやってきます。そこには何か謂れありげな松の木があり、土地の人(アイ)に尋ねてみますと、松風村雨という二人の海士の旧跡だと教えられます。僧が逆縁ながらと二人の海士を弔っていると、秋の一日は夕暮れ時を迎えます。 二人の海士(シテ・ツレ)が現れ、汐を汲む辛さや、頼りない身の上を嘆きます。沖に小さな漁り舟、空には月、雁や千鳥の姿もあり、汐風が...続きを読む
2012年06月15日 松風 その一過去のHana
9月2日(日)に宝生能楽堂にて催します奥川恒治の会をご案内申し上げます。
私の会もおかげさまを持ちまして今年で七年目を迎えることができました。 第7回目の本年は昔から名曲の誉れの高い「松風」に取り組みます。
「松風」は能としての多様な表現方法が一曲の中に凝縮されているため、各場面に応じた技術、技量、心が求められる、難易...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE