能を楽しむ | 能のHana

過去のHana能を楽しむ

2008.04.01

春の陽射しが咲き誇った桜を照らす日は、なんと美しいことかと毎年のことのようでありながら、見れば心浮き立たずにはいられません。今年はなかなか暖かくならなかったせいか、毎年一足先に咲いてしまう蓮田慶福寺の枝垂れ桜も出遅れ、少し早めに開花したソメイヨシノ達と並んで満開となりました。私も毎年楽しみにしているのですが、タイミングが難しく久しぶりに満開の枝垂れ桜に会うことができました。写真でご覧いただけると良いのですが、慶福寺の粋な計らいで桜の下には椅子が用意され、花を楽しむ事ができます。私が参りました時は子供達が楽しそうに、お弁当を口にしていました。ホッと心が和み、思わず微笑まずにはいられない光景でした。

私がお稽古に伺っておりますその蓮田で、このたび「能を楽しむ」を催します。内容は解説、実演、能面のご紹介等を企画していて、第一回目の今回は「葵上」を取り上げます。「源氏物語」の中でもとりわけ人気のキャラクター「六條御息所」を主人公にした、屈指の人気曲です。生霊となってしまう御息所の内面を、能から見た源氏物語として、再生したいと思っております。今年は源氏物語千年紀にもあたり、歳月が経っても変わることない人の「心」、「営み」を数回のシリーズでご紹介したいと思っております。当日は「能を楽しむ」オリジナルテキストをお配り致します。手ぶらで、楽しみに、お出かけ戴けましたら幸に存じます


<クリックすると大きな画像をご覧頂けます>

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE