能のHana

お稽古のこと

2017.04.15

お稽古は続けることに意義があり、進歩があります。お弟子さんも続いているかたは、10年からそれ以上になり、身内のような感覚になります。今日はこのところ体調と仕事の都合でいらっしゃれなかった人の、臨時稽古日にしました。長いお付き合いになれば、そんな時もでてきます。普段別の場所にいらっしゃっていても、自宅にお稽古場があるとそう言ったご要望に対応できるところがいいです。お稽古ではこんがらがった記憶の糸をほどきます。合点がいって、納得できれば今日の成果、必要以上に進めずに、先は次回の楽しみにします!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE