お稽古のこと

2017.09.28

蓮田は小学生、中学生が最後にお稽古に来るので、楽しい!ただ体力がすごく要ります。舞は年々上手になり、声もよく出るようになります。
謡と舞のお稽古なので、それで充分なのですが、僕は他のことも求めてしまいます。お話を聞くときは話し手を見なさい。お話は小声ではなく、相手が聞き取れるように話しなさい。お稽古場に入るときは、先にいる人にご挨拶をしなさい。稽古が終わって帰る時も、他の人にご挨拶をしなさい。書いてみますと、随分口うるさいですね!我ながら閉口します。謡や舞の技術よりも、人と関わるときの大切なことを、身に付けて欲しいと願っています。挨拶ができて疎まれることはないですし、話し声は聞き返されない方が良いと思っています。理想なので身に付けて、威風堂々と成長して欲しいと願っています。男の子3人です、大人になったら一緒に飲みに行きたいですね~🎶

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE