舞台のこと

2017.12.08

12月九皐会の申し合わせが済みました。つまり納会ということですね。早くも一年が過ぎ去ろうとしています。今年の締めくくりは、中森健之介君の「猩々・乱」になります。今日、健之介君の乱を見ながら、20代の頃を思い起こしたりしました。早いものです。乱はとても難しい、普段することのない足使いをして、舞います。通常の稽古に、乱専用の稽古を加えないといけません。ですから当日はぜひ、稽古の成果を余すところなく発揮してもらいたいと思います。
私は9:00から申し合わせの前に、来月の「翁」の稽古能をさせて頂きました。身が引き締まります。「翁」は能を舞うといより、祈りを捧げるような感じがします。天の神、地の神に祈りを捧げ、人の世の幸に願いを込める。能を舞うとは思えませんね。
来年に限ってですが、九皐会の年始の代表を勤めさせて頂けるような、重責ながら晴れがましい、気がしています。諸先輩の頃は、稽古能で「翁」をさせて頂けることはありませんでした。ありがたいことに、近年の賜物です。朝からお付き合い頂いた皆様に感謝です。これから当日まで、心して稽古して参りたいと思います。宜しくお願い申し上げます。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE