コラム

2017.12.13

富山県唯一の中学校の公演が済みました。事前ワークショップの生徒さんの感想文を、公演前に読ませて頂きました。
能楽を今までは知らなかったが、身近なものとして興味を持つことができたという内容が殆どでした。そして本公演を楽しみにしてくれている子が殆どで、嬉しいながらも、責任とプレッシャーを感じての公演になりました。
子供達の反応は正直で、繊細です。感受性の豊かな年代ですから、さもありなんといことでしょう。こちらも中学生の感性と勝負するつもりで、舞台を勤めます。なにか響いてくれる事を、期待したいと思います。 囃子の体験もしっかり大きな声を出して、全員でやってくれました。狂言の体験では、立ち上がって型を習うところも、全員が一生懸命取り組んでいました。
質問コーナーでは、「能楽だけで食べていけますか?」といったような質問まで出ました。贅沢をしなければ、食べていくこともできます。志があればぜひ、仲間になってください、お待ちしておりますよー!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE