コラム

2017.12.26

来年は秋に社中の大会を予定していまして、難しいものに挑戦する方は、少しずつ準備を始めています。
無理なくお稽古を確実に進めて行くために、いささか気が早いようにも思いますが、始めた方は目標がはっきりしていいようです。
お稽古を始めたばかりの方は、発表会なんてとんでもない、と思われるようですが、勇気を出してひと度会に出演してみますと、変わります。 先ずは眼目の技芸が、目覚ましく向上します。やはり人前で舞台を勤めるということは、それだけ責任感もできて、稽古に対する取り組みが自然変わります。全力で頑張るわけですから、それはその成果が得られるのは道理ですね。私はより大きな実がなるように、叱咤激励して導きたいと思います。そして技芸を越えた、ご褒美を獲得していただければ、最高です!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE