舞台のこと

2018.01.12

14日(日)の九皐会の申し合わせが、終わりました。「翁」もあとは本番を残すのみとなりました。早いものです!幕から出て、幕に引くまで30分程で、諸先輩からは「楽しかった」と聞いていましたが、私にはとても緊張感の高いものでした。やはり独特の空気感がありまして、「翁」と改めて向き合うことになりました。
 色々なことが少しずつ、通常の能と違うのですが、色々なことが狂うようです。なにやら無我夢中になっているうちに、申し合わせが終わってしまいました。重ねて不思議な感じです。
 技ではなく、魂が生命力を掛ける「祈り」、そんな印象です。当日は最終的に、どんな印象を持つのだろうか。
精一杯勤めさせていただきます。宜しくお願い申し上げます。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE