舞台のこと

2018.02.04

本日は目黒の舞台で緑泉会でした。新井麻衣子さんの「胡蝶」と、桑田貴志氏の「桜川」でした。「胡蝶」は梅がテーマの曲で、「桜川」は文字通り桜がテーマの曲です。梅と桜順も良く、いまの季節に丁度合った番組になりました。新井さんはご主人とご子息たちが応援に来ていました。ご子息たち背が伸びていたそうですが、会いそこねてしまいました。残念!
「桜川」は子方が桑田氏の次男大志郎君で、長時間方膝を立てて座っていました。大人でも辛い座り方ですが、よく頑張って座っていました、偉かったですね。親子共演ですから父親としては、大変幸せな舞台ですね、お二人ともご苦労様でした。
このところ催しが詰まっていましたので、今日で一息つけます。全て滞りなく済んだので、ほっとしました。
金、土と一緒に動いていた私の子供が、「ほんとに体力がいるんだね!」と、言っていましたが、まさに体力勝負です。彼にとってはいい経験になったことでしょう。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE