舞台のこと

2018.02.19

今月末は若竹能の公演があります。今年は源氏物語をテーマに、それにまつわる曲が上演されます。2月は駒瀬氏の「源氏供養」と小島氏の「須磨源氏」です。私は「須磨源氏」の地頭を承っておりまして、今朝はその稽古がありました。
「須磨源氏」はシテと意思の疎通をよくしておかないと、浅くなってしまいますので、打ち合わせを大切にします。師匠の教えもありまして、方向性も見えました。あとは自身のパートに責任を持ってツメルことになります。
若竹能は2月25日(日)矢来能楽堂にて上演されます。お席もまだご案内できるようですので、お時間がございましたら、是非お出掛け下さい。お待ちしております。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE