コラム

2018.03.07

今日は寒の戻りで、冬になりました。気温が下がりますと、厳しいですね。
今朝は「巴」と「錦木」の稽古がありました。「巴」は先日の若手能で佐久間氏が舞ったのが、記憶に新しい所です。今回は若竹会(稽古能)で河井さんが勤めます。とてもドラマチックな修羅能なので、再演、再々演と望む人も多い人気曲です。
私は地頭を勤めさせていただきます。「巴」は地謡の分量も多く、いろいろと可能性に挑戦できますので、思いきって冒険もしてみたいと思います。
「錦木」はツレを勤めさせていただきます。このツレは曲中の比重が随分重い役になります。登場、退場がシテと一緒で、前後通して勤めます。夫婦のように一緒にいるかと思えば、全く夫を受け入れない場面もあり、厳しい奥さんです。
なかなか活躍する役どころですので、よく勤めさせていただきたいと、思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE