お稽古のこと

2018.04.11

さいたま新都心ホテルラフレの講座は新曲「夕顔」が始まりました。源氏物語を題材に作られた曲なので、一つずつ含みの多い曲構成になっています。
「夕顔」は能としては短いものではありませんが、台本としましては長いものではありません。6回の講座をするには、控え目なページ数です。「夕顔」の曲に限定するよりも、周辺の人の物語も含めての方が、面白く解りやすいので、今回はページ数をいいことに色々と欲張っています。
今日は「夕顔」の初回で、九州のお坊さんが都にやって来ます。何故九州なのか、そこから紐解きますとどうしても、息女玉葛の話になります。そんな訳で、今日は「玉葛」の物語も含めての講座になりました。
新しくお仲間も増え、益々楽しみな講座になります。
次回25日(水)からいよいよ夕顔の上の登場です。源氏物語好きの方、能にちょっとご興味のある方、ぜひお出掛けください。
お待ちしております。

能楽アフタヌーンティー「夕顔」

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE