舞台のこと

2018.04.16

今朝は中所氏の「卒都婆小町」の申し合わせでした。あとは、いよいよ本番を残すのみとなりました。
中所氏のこの曲に対する思い入れが、並々ならぬもので、今日もそれを目の当たりにしました。鑑賞のための解説は、通常番組に書いてあるだけです。しかし今回は、小冊子のような別紙にも書かれていました。本来の形の番組にも、勿論書いてあるのですが、小冊子では更に詳しく書かれています。氏の思いのみならず、曲に対する解釈も、ご自身の視点で書かれています。当日は少し早めにいらっしゃって、それをお読みになってから、舞台をご覧頂きますと、より楽しめるのではないかと思います。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE