コラム

2018.11.04

今日は矢来能楽堂で同門鈴木啓吾氏の、ご社中の発表会がありました。
半能「野宮」をはじめとしまして、舞囃子、素謡、仕舞と、25周年記念の大会に相応しい、立派な番組でした。私もお手伝いをさせていただきまして、晴れがましい気持ちになりました。
昨日、今日と2日間、自他の社中の会が続いてありました。ご出演の皆さまには、舞台の楽しさや素晴らしさを、存分に味わっていただけたのでないかと思います。
私の社中は終演後の打ち上げでも、皆さん楽しそうに和気あいあいと、盛り上がっていました。能楽という趣味を同じくするお仲間と、年齢、仕事、性別を越えて、仲間になっていただくことは、私の中での一つの目標でもあります。皆さんの笑顔がとてもよく、会を重ねるごとに、個々にお仲間を増やして頂けているようで、なによりです。
どちらの社中も一段落ですね。新たに次のステップへ進む時です。また、楽しみながら、進みましょう。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE