コラム

2018.12.05

今日は京都市内の東寺近くという、とても近場の学校に参りました。
これほど近場の学校に伺うことも珍しいです。子供達は元気一杯、よく見て、大きな声で体験してくれました。特に狂言体験は楽しかったようで、代表の児童よりも席で見ている児童の方が、大きな声を出しているようでした。代表で舞台に上がるのは、ちょっと恥ずかしいかもしれませんね。今回の公演は印象に残る、貴重な体験になったことと思います。
京都は在住の能楽師が熱心に普及活動をしていますので、触れるチャンスも多く有ることと思います。今日をきっかけに、ぜひ能楽堂に足を運んでいただきたいと思います。
京都公演もいよいよ終盤戦、気を引き締めて頑張りましょう。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE