舞台のこと

2019.06.07

6月九皐会の申し合わせが済みました。今月の能は、「通盛」弘田裕一氏、「雲雀山」坂真太郎氏です。
 平通盛は武将としてと言うよりも、奥さんの小宰相の局との、大恋愛が有名です。一ノ谷の合戦にも同行させ、別れを惜しんだ件も、曲中に出て参ります。自身の最期を語り、弔いを頼んで消えていくところは、修羅物らしい作りです。
 「雲雀山」は当麻寺の曼陀羅を織った、中将姫の幼少期の話です。人の讒言を真に受けた父が、姫を山中へ捨てさせます。乳母が姫の世話をし、なんとか暮らして、誤りに気付いた父親と再会する物語です。
こちらは、ご自身の姫君(長女ちゃん)と一緒の舞台です。ハッピーエンドがとてもいいですね、楽しみにしたいと思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE