能のHana

舞台のこと

2022.04.08

 今日は気持ちよく晴れて、気温も上がりました。動くと軽く汗ばむようで、心地よいです。
 本日は九皐会の申し合わせでした。1部能「須磨源氏」(すまげんじ)桑田貴志、2部能「采女」(うねめ)坂真太郎です。
 私は「須磨源氏」の地頭のお役をいただいております。地謡は初冠を戴くところから、位人臣を極めるところまで、謡いあげます。源氏の勢いを感じつつ、後半は兜率天から天下ったとして、神格化されて描かれます。そもそもがフィクションなので、いろいろと尾ひれが付くのは、面白いですね。
 午後からは今月30日の九皐会別会の「烏帽子折」(えぼしおり)の稽古能がありました。こちらも、カウントダウに入って来ました。しっかりと勤めて参りたいと存じます。
https://yarai-nohgakudo.com/archives/category/play#yarai

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE