コラム

2017.10.07

能を知る会の東京公演に出演しました。演目は狂言「栗焼」と能「土蜘蛛」でした。「土蜘蛛」はこのところ、学校公演でもお馴染みの曲になりましたが、学校では後半部分のみの上演になりますので、本舞台での前半から始まる本能はひと味違いますね。学校で見てくれた子供たちも、前半から見るとどんな感じかなどと、興味を持って見に来てくれるようになると、嬉しいです。「土蜘蛛」は大人が見てもある意味美しく、楽しく、わかりやすい曲です。こういった曲を手がかりに、能楽堂へ足を運んでくれる人が増えることを、期待したいです。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE