Hana
2021年09月17日 コラム
 この季節は必ずありますね、台風14号の影響で移動に不具合が起こりました。  明日は高知県で催しが予定されていまして、前日の今日は高知入りだったのですが、台風14号のため、ひと騒ぎになりました。台風の場合、過ぎてしまえば、なのですが、ドンピシャであたりますと、身動きが取れないので困ります。  今日は早く出て、鉄道で高知までまいりました。東京から高知まで、電車で来たのは初めてでしたが、これも真新...続きを読む
2021年09月16日 舞台のこと
 今日も秋晴れは続きましたね、善福寺川で大きく育ったカモが、悠々と川を泳いでおりました。  先日撮影をした豊島能のプロモーションビデオが完成しまして、ユーチューブで公開されております。矢来能楽堂はもとより、芸術劇場、池袋駅、池袋循環バス(イケバス)、路地裏と様々なところに鬼が出没しています。  「安達原」(あだちがはら)という曲の鬼がモデルになっていますが、この鬼もともとは人間で、ある事件から...続きを読む
2021年09月15日 コラム
 今日は気持ちの良い秋晴れとなりました。なんとなく、心弾みますね!  こんなに穏やかに晴れているというのに、熱帯低気圧に変わると予想されている、台風14号の影響を、今週末は受けるのでしょうか。台風の場合、当たってしまうと、不運としか言いようがなく、移動の多い身としましては、何度か不運な目に遭っております。夜行バスでの移動や、数日間の足止めなど、嬉しからぬ事ではありますね。  今回の場合は、熱帯...続きを読む
2021年09月14日 お稽古のこと
 高松の稽古に参りました。サンポートホール高松という場所で、お稽古をしていますが、来年春から2年間メンテナンスのために、使用できなくなります。お稽古場の確保は、とても重要な問題で、さてさてと思っておりましたところ、お弟子さんが色々と調べてくれました。  サンポートに落ち着く以前にも、色々とご案内して頂いておりましたので、郊外も含めあちこちに良い場所がある事は承知しておりました。候補地を選別、現地...続きを読む
2021年09月13日 コラム
 九皐会の今年度最初の巡回公演が、広島で無事に済みました。今日は宿を午前7時25分出発だったので、出演者は全員昨日のうちに、広島入りをしました。  学校は築4年の新しい校舎で、体育館も立派なものでした。人数的に密にならないように、5、6年生の鑑賞となり、扉や窓は開けられて、十分な換気おこなえました。  とてもお行儀の良い児童さんで、私語などの話し声も聞こえず、それぞれに距離を保って、静かに座っ...続きを読む
2021年09月12日 舞台のこと
 九月九皐会が済みました。定例会での年に一度のシテ(主役)でした。昨年中止になった六月九皐会からの、延期と申しましょうか、リベンジと申しましょうか、とにかく初演を勤めさせていただきました。  1時間40分と上演時間も長く、やはり大曲と言える曲でした。古式の作り物を使わせていただくなど、常とは異なる上演となりました。お力添えを賜りました皆さまには、感謝申し上げる次第でございます。また、本日は緊急事...続きを読む
2021年09月11日 舞台のこと
 今日ははっきりしない、小雨模様の曇天となりました。鎌倉能舞台の銀座公演で、「現在七面」(げんざいしちめん)がありました。  後半は大蛇の姿から、女神へと舞台上で変身します。全く別の姿になりますから、そのための準備も手間がかかります。後シテは大龍戴(だいりゅうたい)という、極めて大きな龍の立物を頭上の冠に載せています。この大きな龍の取り扱いだけでも、かなり神経を使います。  「現在七面」は法華...続きを読む
2021年09月10日 舞台のこと
 明後日、9月九皐会の申し合わせが済みました。私は1部で「梅枝」を勤めさせていただきます。  今日はワキ方、囃子方と打ち合わせ、調整をさせていただきました。若いうちにはできない曲で、何度も見て、地謡、後見と勤めさせていただいております。イメージもできていますが、初演にあたりまして難しさも、実感しております。  面、装束も決まりました。後シテで着る「舞衣」(まいぎぬ)という装束は古い物で、軽量で...続きを読む
2021年09月09日 コラム
 七月に他界された、浅見眞州師のお別れ会がありました。代々木の浅見家の舞台に伺うことも久しぶりでした。若い頃、氏の艶のある華やかな舞台に魅了されたものでした。その人と舞台をご一緒できる機会は、私にとってとても貴重な経験となりました。  いざ写真と向き合いますと、存命当時のことが、儚く思えます。勤めた舞台がどれ程良いものでも、その時限りのもの。そう思いますと些か虚しくも思えますが、それ故に良い時は...続きを読む
2021年09月08日 コラム
 本日は「楊貴妃」の講座の5回目になりました。楊貴妃が訪ねて来た方士との別れを惜しんで、在りし日、玄宗皇帝のもとで舞った曲を、舞う部分でした。  楊貴妃にとって、栄華を極めた玄宗の風を運んてくれた方士は、特別な訪問者であったことでしょう。また、その時のことを思い起こせば、一緒に帰れるのもなら、と深く名残りを惜しんだことと思われます。  蓬莱宮という寂寞たる世界に一人でいる身は、その宮が立派であ...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE