2020年07月12日 舞台のこと
 2月以来実に5ヶ月ぶりに九皐会を開催しました。100席に限定したお席は、まだまだ空席がありましたが、会を心待ちにしてくださったお客様も多く、ありがたい再開公演となりました。  今までは、一日で行っていた番組を1部2部と分けまして、一公演の時間を短くするようにしました。新しい生活様式に合わせた、新しい公演の形です。  私は1部で「梅枝」の仕舞を勤めさせていただきました再開公演のトップバッター、...続きを読む
2020年07月11日 お稽古のこと
 今日は蒸し暑い一日になりました。梅雨もそろそろ終わりでしょうか、雨は暫く無くてよいですね。  ゆかた会を前に、追い込みに入りました。今年は非公開で、内々の会にしますが、やはり舞台に出るとなりますと、ちょっと違いますね。  謡う方、今年は皆さん独吟(一人で謡う)をしていただきます。やはり謡いどころを謡っていただきますので、難易度も上がりますね。皆さん個々に違いますので、頑張り甲斐があります。 ...続きを読む
2020年07月10日 舞台のこと
今日は5ヶ月ぶりになる、九皐会の申し合わせがありました。実に久しぶりです。 「千手」と「大会」の2番、会の形を変えましての上演です。私は一部の「千手」の地謡と「梅枝」の仕舞を舞わせていただきます。 現在の状況に合わせての上演です、馴染みの無い部分もありますが、頑張って参りたいと思います。 明後日九皐会、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
2020年07月08日 コラム
北与野、次元の講座に参りました。こちらは、講座で学んだことを、実際の舞台でご覧いただいておりますが、今年は残念ながら、まだ叶っておりません。 9月の自主公演は「道成寺」を予定していましたが、コロナウイルスの影響で、会の曲目を「一角仙人」に変えさせていただきました。伴いまして、講座の曲も「一角仙人」に変えさせていただくこととなりました。 内容は解りやすい、たわいもない物語だと思っておりまし...続きを読む
2020年07月07日 お稽古のこと
今日も湿度の高い、梅雨らしいといえますが、なんとも過ごし難い日になりました。 お稽古にいらっしゃるお弟子さんには、せっかくなので効率よく、上達していただきたいと思っています。 仕舞の稽古の時は、やり方をお教えするのに、こちらでやってご覧いただきます。この時が肝心で、人情として一緒に動きたくなるのですが、ここは見るに徹するのが正解です。大方はふと見ますと、こちらに背中を向けて、格闘していま...続きを読む
2020年07月06日 コラム
今日は宇部市から長門市へ、雨の影響は厳しく、レンタカーで移動しましたが、激しい降り方に閉口する場面もありました。5月からのお約束を、果たせていなかったので、安全運転で、えっちらおっちら参りました。 長門市の「ルネッサ長門」、県と市の施設が併設する複合施設だそうで、今年20周年を迎える立派な施設でした。 能楽、歌舞伎、文楽と日本の三大古典芸能には全て対応ができ、その芸能文化の発信拠点の役...続きを読む
2020年07月05日 お稽古のこと
高松から移動しまして、山口県宇部市に参りました。昨日は暑い日でしたが、今日は曇天。早朝は青空が見えて、暑い日になるかと思いきや、雲のおかげか、涼しくなりました。窓を開けてのお稽古には、最適な環境でしたね。 今日はお休みの方はなく全員出席、素晴らしいお稽古日です!グループの方は、一度に何人もというわけにもいかないので、チーム分けをしているのですが、気が付くと少人数が集まってお話し。まぁ、元々仲...続きを読む
2020年07月04日 お稽古のこと
四国高松のお稽古に参りました。大雨の影響が懸念され、羽田では朝から鹿児島便など、九州便の欠航が見られました。高松便も視界不良のため、行き先を徳島に変更、また羽田に帰着といった、条件付き飛行でした。かつて大阪の伊丹空港に降ろされた身としましては、苦い経験を思い出します。高松はさほど影響を受けていないようで、着陸前は少々揺れましたが、何事もなく着陸、安堵しました。19の移動制限解除日から見ますと、乗...続きを読む
2020年07月03日 コラム
今朝は晴れていましたが、なんとなく落ち着かないお天気の一日でした。明日からまた、雨でしょうかね! 今朝は以前まして、鴨の親子の撮影に成功しました!ヤンヤヤンヤ! もはや、撮影のためにはなりふり構わず、例え来た道を戻ろうが、少々のクモの巣に巻かれようが、気になりません。 子鴨は小さく数も違うので、以前見かけたファミリーとは別のようです。なにしろ、一所に止まって親子で居るところは、初めて見ま...続きを読む
2020年07月02日 コラム
今日は夏日になりましたね、暑い一日になりました。 雨上がりの木賊の鉢には、どこからやって来たのか、小さなカタツムリが一匹、比較的アクティブに動いていました。全長3ミリ位でしょうか、どこからやって来るのでしょう?親もいなそうなので、不思議に思いながら、眺めいっていました。 お隣のお庭には、スリムながらよく育ったヒキガエルガ一匹、こちらも動きが速かったですね。以前矢来能楽堂にいた、巨大な...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE