2017年11月22日 コラム
今日も冷えましたね、いよいよ本格的な冬になりますかね。 今日はさいたま新都心のホテルラフレのお稽古日でした。ありがたいことに能楽アフタヌーンの参加者は増え、その増えた人数で和気藹々と講座が進んでいます。おかげさまで、楽しいです。今日は「野宮」の前半の山場から前半の終わり部分まで読み解きました。源氏の仕打ちを鑑みますと、どうもやりにくい感が拭いされません。女性の意見は活発で、まさにその通り、というところです。こんな話を向き合ってできることも、この講座の功績かと思います。こちらとしましても、勉強になるわけですね。 12月には忘年会を予定していますが、全員参加がスゴイ!「野宮」の後なので、覚悟して参加したいと思います。
2017年11月21日 お稽古のこと
同門坂氏の会の申し合わせが済みました。今年はお嬢ちゃまと「隅田川」です。「隅田川」はシェイクスピアの悲劇に、勝るとも劣らないと言われている、人気の名曲です。また、今年は亡父真次郎氏の13回忌にあたるそうで、追善の会になりました。早いものです。お父様もお力添えの事と思います、子供と一緒の舞台は大変ですが、二人の成功を楽しみに、当日を迎えたいと思います。  私は来年1月の「翁」のための稽古が始まりました。師匠が隣に立ってお稽古してくざるのは、なかなか無いことです。以前は一つ一つ教えて頂きましたが、最近は書いたものを読み解く方が多いです。隣で教えていただきますと、文字だけでは解らない事を肌で感じられますので、ありがたいです。「解らないところはいつでも聞きにいらっしゃい」と言われていますので、通わねばといったところですね。 それにしても、1年が早く過ぎるなー
2017年11月20日 お稽古のこと
最年長のお弟子さんのお稽古をしました。以前はオーバー90才の方がいらっしゃったのですが、卒業されたので現在はその下の世代と言うことになります。下の世代とは言え、お稽古に通っていらっしゃるだけでもすごいと思うのですが、とても意欲的な所がなんと言って素晴らしい!謡も仕舞も両方お稽古していて、舞は「弱法師」という盲目を男性を主人公にした曲を稽古しています。盲目の主人公なので、杖を使って舞います。杖だけでも十分もて余しますが、扇も一緒に使うところも有りますので大変です。以前一度お稽古したことがあるのですが、じっくりお稽古して、更に上を目指したい、ということで2度目のお稽古です。ヤンヤ ヤンヤ、素晴らしい!私も見習わないといけません。 杖はなかなか思うようにいかないようですが、お稽古の度に一つ解決できますと、大きな成果をあげられますね。これからが楽しみです。 ご年長の方からは、なんと申しま...続きを読む
2017年11月19日 お稽古のこと
気温が下がりましたね、朝の風は冬の臭いになりました。近所では鮮やかな紅葉になかなか出会わないのですが、落ち葉の中を歩くのも気持ちのいいものです。 今日は朝から一日、お弟子さんのお稽古日だったのですが、皆さん「寒い」というキーワードを口にしながら、お稽古場にいらっしゃいました。寒い季節になりますので、体調管理にも気を付けないとですね。 「はじめの一歩」を1月から始めた方は、12月で1年になります。「はじめの一歩」は1年間のお稽古プログラムになりますので、次の進路と言うことになるわけですね。ご本人のお好みに合う稽古方法と場所をエスコートして、長く続けていけるお稽古にしていただきたいと思います。 朝のウォーキングの一風景です!...続きを読む
2017年11月18日 舞台のこと
同門小島氏の会が済みました。「野宮」やはり大曲でしたね。こういった曲は見る人の好みも別れますので、個人の会で一曲だけの上演曲として出すには、なかなか勇気がいります。小島氏頑張りましたね!前半シテが一度座ってしまうと、中入で幕に引く間際まで立ちません。それでも舞台が進行しているところが、能ならではの演出になりましょうし、そこがご覧いただく方には、厳しいところです。ですが、矢来能楽堂くらいのスペースですと、舞台と見所のお客様とで一体感を持ちやすいのです。ちょうど良い感じの広さ、と言えますかね、動かない場面ではとても良いのではないかと思います。舞台上の出演者と、見所のお客様で一つの長大な物語を作るのは、大変なことなのですが、こういう舞台を皆さんとぜひ作って行きたいと思っています。能の本質を見失わないために。
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE