Hana
2022年12月02日 コラム
 先月の日曜日と言いますと大げさですが、日曜日に永島氏の会からそのまま花巻に移動しまして、その後札幌に參りました。久しぶりの長旅になり、師走へと月も進みました。東京を発つときは、まだ暖かかったのてすが、昨晩の札幌は吹雪きました。晩ごはんを食べに出るのもひと苦労でした。  本日は札幌市内の小学校に參りまして、最終日の公演をつつがなく済ませました。地面は真っ白、空は吹雪いたり、青空を見せたりと、目ま...続きを読む
2022年11月30日 コラム
 本日は登別に参りました。さすがに宿泊地の札幌市から100キロほどあり、広いな北海道!バスでの移動は2時間を予定していましたが、順調にバスは進み、予定よりもだいぶ早く着きました。  登別総合体育館での開催で、午前午後の2回公演となりました。全部で8校の小学生が見に来てくれました。みんなお行儀よく見てくれまして、狂言の体験は元気よく頑張っていました。  札幌も登別も今朝から雪模様、これから更に冷...続きを読む
2022年11月29日 舞台のこと
 今日は移動日、札幌は雨模様ですが、まだそれ程寒くないです。暖かいものをいただいて、明日に備えましょう!  先日山口宇部で公演した「土蜘蛛」の動画をユーチューブにアップしました。お時間のある時に、ご覧いただけますと幸いです。 https://youtu.be/0Yfe2uEsvCg
2022年11月28日 コラム
 昨晩移動しまして、花巻にやって参りました。とは言うものの、公演会場は陸中山田、盛岡の東側の感じでしょうか。新花巻の宿から1時間では着きませんでした。  海側には新しい防潮堤が築かれ、内陸部が新しくなっているところは、今後の更なる復興を祈らずにはいられません。会場は山田町中央公民館、その小高くなった入口付近に、ここまで津波が押し寄せたという石碑が建てられていました。自然の脅威を改めて実感させられ...続きを読む
2022年11月27日 コラム
 本日は同門永島充氏社中の、発表会が矢来能楽堂でありました。ご社中の皆さま一丸となって、熱のこもった舞台を勤めていらっしゃいました。  このところ会への出勤が叶わず、久し振りとなりましたが、長くお稽古を続けていらっしゃる、お懐かしい方とも、舞台をご一緒させていただきました。  95歳の男性会員さんは、「景清」という難しい曲のシテ(主役)を謡われ、驚くほど元気で立派なお声でした。舞台が終わってか...続きを読む
2022年11月26日 舞台のこと
 今日は朝のうち雨でしたが、早くに上がりまして、移動する頃には助かりました。  本日は梅若会の角当氏親子の会で、昨日申し合わせ、今日が本番というスケジュールでした。  初番は直隆氏の「三輪・白式神神楽」でした。とても重い扱いの小書(替え演出)なので、楽屋の緊張感も高いものでした。  留めは行雄氏の「唐船」、お孫ちゃんと一緒の舞台で、話もハッピーエンドですから、ホッとしますね。梅若家には独特の...続きを読む
2022年11月25日 コラム
 今日は慌ただしい一日になりました。朝一番の飛行機で高松から戻り、東中野の梅若舞台へ10時にすべりこみで、角当氏の申し合わせに出勤しました。曲は「三輪」白式神神楽(はくしきかみかぐら)の、大変重い小書が付いていました。もう一曲は唐船(とうせん)、こちらはなかなか出ない曲で、舞台上での衣装替えに泣かされる曲です。私は「唐船」の後見を承っております。手違いのないように、心して勤めさせていただきたいと思...続きを読む
2022年11月24日 コラム
 今日は高松にやって来ました。東京はポカポカ陽気、なぜ昨日だけ気温下がって雨なのか?と思いつつ飛びました。高松は東京より気温が低いようで、ちょっと驚きです。  こちらは先月発表会が済みまして、皆さん今日から新しい曲に取り組みます。嬉しいことは、発表会をする毎に、皆さんやる気が増すようで、限りなく前向きな姿勢に頭が下がります。  今日は発表会を見に来てくださっ方が、体験にいらっしゃいました。新し...続きを読む
2022年11月23日 舞台のこと
 本日は第17回奥川恒治の会でした。昨日までの秋晴れが、嘘のような本降りの雨、ご来場のお客様にはご迷惑を、お掛けしました😅。  「三井寺」もなんとか無事に勤められました。坂氏の次女ちゃんに子方を勤めていただきまして、ことのほか可愛らしい子方で、お客様の目を引きました。  私の方は、新調の水衣が舞台で違和感がなったとのことで、嬉しく思っております。  本日はお足元の悪い中、ご来場の皆様には心よ...続きを読む
2022年11月22日 舞台のこと
 本日は鎌倉能舞台の横浜公演でした。お天気にも恵まれ、掃部山公園では散策の方など、多く見かけました。  本日は稀曲「禅師曽我」(ぜんじそが)という、曽我兄弟の仇討ちの更に先の物語でした。  兄弟は見事仇討ちを果たし、世を去ります。三男は出家し、国上(くがみ・新潟)におりましたが、討ってが掛かり、捕らえられることになります。  滅多に出ない曲で、私も初出演させていただきました。本日もありがとう...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE