Hana
2021年12月02日 コラム
 今日は昨日の寒さがウソのように、日中は暖かくなりました。本日は安来市の小学校で、午後の公演だったので、快適に舞台ができました。  最初のご挨拶から子供たちは元気一杯、狂言「柿山伏」では、爆笑の場面もありまして、楽しんでもらえたようです。  「鬼滅の刃」という最近人気のアニメかあり、鬼退治はことに興味津々のご様子。とりわけ「土蜘蛛」の場合、「鬼滅の刃」の作中でも、蜘蛛の糸を操る鬼がいたため、よ...続きを読む
2021年12月01日 コラム
 今日から師走、本年の最終月が始まりました。毎年12月はまたたく間に過ぎていきますので、今年も早いことでしょう。  今日はお日さまが見え隠れで、青空が遠くに見えていても、雨がバラつくお天気でした。  本日は倉吉市の小学校に参りました。曇天のため大山も雲で見えず、気温もぐっと下がりました。さりながら、ちびっ子たちは元気一杯、すれ違う子すれ違う子、みんなご挨拶ができました。こちらも元気を分けてもら...続きを読む
2021年11月30日 舞台のこと
 本日は倉吉市の小学校に参りました。快晴とはいきませんでしたが、青空も垣間見えまして、体育館での公演としましては、雨で気温が下がるということもなく、助かりました。  子供たちは元気一杯、体験で動物のマネをしたところ、質問コーナーでは他の動物はいますか?との質問に、善竹大二郎氏再登場で「馬」をやってくれました。「土蜘蛛の投げた蜘蛛の巣が欲しい!」など、子供らしい一面も見せ、かわいらしい事でした(笑...続きを読む
2021年11月29日 コラム
 昨日、鎌倉から移動しまして、鳥取県の米子市に参りました。米子行きの飛行機の最終には間に合わなかったので、出雲空港から入りました。夜の宍道湖を遠目に見ながらの米子入りでした。  本日は安来市の小学校に参りました。反応の良い小学生で、最初の挨拶からよく声が出る、元気のよい小学生でした。声のことや、すり足のことなど、聞いて、見た、ことをそのまま疑問として質問してくれるところも、熱心さを感じられるとこ...続きを読む
2021年11月28日 コラム
 今日も陽が差しているところは、暑いくらいの好天となりました。本日は鎌倉能舞台で教員研修がありました。音楽の教科書には謡曲の一節がのり、能、狂言ともに教科書に載るようになりました。そこで需要も高まり、文化庁と能楽協会が主催となって、教員研修が実施されるようなったのです。  教員研修につきましては、以前からその必要性を感じておりました。私が教育専門推進委員を勤めさせていただく埼玉県蓮田市では、コロ...続きを読む
2021年11月27日 舞台のこと
 本日は毎年恒例になっている、神奈川県の足柄にあります「善福寺」での演能がありました。今年で9回目になるそうで、現在の状況下でよく続けてくれています。やはり、大勢のお客様を入れることは憚られるようで、少ない人数での公演となりましたが、主催のお寺さんにも、ご来場のお客様にも感謝申し上げる次第でございます。  お寺さんもなにかと厳しい状況のご様子ながら、文化であったり、心の豊かさであったりするものを...続きを読む
2021年11月26日 お稽古のこと
 本日も朝から晴天、善福寺川はカモで混み合っていました。今のところコロナも落ち着ついていますので、世上も賑わいを取り戻しで来ているようです。このまま落ち着いた状態で、行ってほしいところです。  蓮田市慶福寺でのお稽古は、毎月木曜日なのですが、舞台の都合で、今日のように違う曜日に伺わせていただくこともあります。お弟子さまがたにも念を押しますが、違う曜日だと私自身も違和感を覚えます。お稽古場から境内...続きを読む
2021年11月25日 コラム
 今日も朝から快晴、日中は気温も上がり、心地好い日になりました。立冬は過ぎたものの、真冬の寒さより、このあたりが過ごしやすくてありがたいです。  本日は横浜能楽堂で玉川大学の学生能がありました。曲は「小鍛冶」(こかじ)手慣れた曲です。  故観世元伯氏は、この学校の卒業生で、毎年母校の学生さんのためにと、舞台にいらっしゃっていました。今日の舞台は、そのご息女が勤めました。お父さん、上の方でハラハ...続きを読む
2021年11月24日 お稽古のこと
 今日は朝から12月九皐会の、「葛城」(かづらき)の稽古がありました。大和舞(やまとまい)の小書(替え演出)が付いていますので、前後ともに変わるところがあります。中でも後半の舞の部分は、大きく変わりますので、楽しみなところです。 https://yarai-nohgakudo.com/archives/9156  午後からは与野での講座になりました。「葵上」も4回目となりまして、六条御息所が自...続きを読む
2021年11月23日 お稽古のこと
 今日は秋晴れ、昨日の空模様がウソのようです。午前中から自宅でのお稽古日になりましたが、お弟子さんにお出かけ頂くにも、気兼ねなくてありがたいです。  お稽古を始めて半年ほど経った方、謡を始めた当初は、10分程謡うと喉が辛いと仰っていましたが、今では悠々と30分お謡になります。ご本人も苦にならないそうで、お声も稽古を重ねるごとに、力強く出るようになりました。  人間の身体は使ってこそ、というとこ...続きを読む
上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE