コラム

2017.12.15

富山公演も本日の小学校をもちまして、全て終了しました。今回は月曜日の高田市の公演から始まりましたが、前日日曜日の九皐会を済ませてからの移動となりましたので、長くなりました。また、日曜日から毎日本番が続いていたということになります。全ての公演は滞りなく済みましたので、ホッとしました。
個人的には富山で3日間、シテを勤めさせていただきまして、年内のシテ役も全て済んだということになります。
今日の子供達も元気一杯、体験では高学年の子達が頑張って大きな声を出してくれたので、全体が声を出してくれました。小学校も高学年位から、段々と恥ずかしくなるようで、大きな声を出したがらなくなるようですが、高学年がお手本になってくれますと、より充実します。
地元の先生方からは、これ程の雪が年内に降ることは珍しいと、教えていただきました。月曜日から降り続いた雪でしたが、今日は見事な快晴、立山連峰の勇姿に、出演者も歓喜の声を上げました。
今年の学校巡回公演は、全て無事に済みました。半年の間に伺った学校の児童、生徒さんには、心に残り、楽しく学べた場になるよう努めました。子供達の心に届いてくれることを、願います。明年は更に工夫をして、より良い物を目指して参りたいと思います。
本日の最終公演では、修行を始めた次男が、格闘の末作った蜘蛛の巣を使いました。製作にちょっと時間が掛かりすぎていましたが、初めてなので、まぁ良しとしましょう。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE