コラム

2018.02.17

今日の日中は暖かな日差しがふりそそぐ、心地好い一日になりました。 ここ数年恒例になっている、小田原市民会館での能楽ワークショップに伺いました。ここはご希望の方には、親子で能面を着けて舞台を歩いたり、小鼓という楽器にふれたり、「高砂」の一節を謡う体験ができます。能楽に関わる、一通りの体験が出きるわけですね。
休日に親子で初めての文化体験、ということもよいですね。親子で共通の話題にもなりましょう。普段は親が先に行っていますが、初めてという共通性を持ちますと、自然視点も変わり、一緒に楽しめるのではないかと思います。
ぜひこういった機会を有効に活用して、見聞を広め、人間力を高めてほしいと思います。そして、能楽に興味を持ってもらえますと、嬉しいですね。
来年も開催の予定です。大勢方のご参加をお待ちしております。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE