過去のHana「班女」済みました

2011.11.14

5日(土)の九皐会で「班女」をさせて戴きました。あっという間に日が経ってしまいましたが、ご来場戴きました皆さまには改めて御礼申し上げたいと存じます。ありがとうございました。

昨年の100周年記念の「花筐」に続いての狂女物となりました。狂女物はなんといっても最初に飛ばして出るという点が、じっくり盛り上げていくものと異なった難しさや、大変さがあります。謡い続けて動くはやはり大変ですね。
昨年の「花筐」と同じ狂女物ということもあり、ほぼ同じ出で立ちになりました。また他の事情もあり、後シテの装束は常の唐織にせず縫箔腰巻を着させて戴きました。唐織よりソフトな生地になるのでちょっと生々しい感じもするのですが、常と違った風情になったのではないかと思います。前シテは常の通り唐織を来て出ましたので、中入の僅かな間に着替えて出ることになりました。後見さんにはいささか申し訳なかったのですが、皆さんのご協力のもと手際良く無事済みました。

女性が主人公ですし、見た目にそれほど激しい動きはないのですが、激しく動くものとは違った体力、気力を必要とされます。来年は「熊野」に「松風」と名曲ながら中入なしの大物が控えていますので、体力強化にも努めたいと思います。泳ぐのが好きなので、時間を作って泳ぎに行こうと思います。息と気持ちにゆとりを持てるように!

27日はいよいよ「鉢木」です。気を引き締めて臨みたいと存じます。

■能を知る会鎌倉公演 昼の部

平成23年11月27日(日)14時開演 鎌倉能舞台
能『鉢木』奥川恒治、狂言「鐘の音」山本 則重

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE