能のHana

コラム

2017.11.03

矢来能楽堂で兄弟子の駒瀬師の社中の会がありました。本日は清々しい秋晴れの一日になりましたので、ご出演の皆さまも、ご来場のお客様も、気持ちのいい会になったことと思います。
ご社中の中には、私が10代の頃から存じ上げている方もいらっしゃいます。かれこれ30年位のお付き合いになりましょうか。長くお稽古を続けていらっしゃるのが、すごいですね。お元気に謡って、舞っていらっしゃると、こちらもなんとなく嬉しくなります。お稽古は道を歩いて行くようなもので、それは平坦な道ばかりではないので、山有り谷有りとなります。楽しいばかりとは行きませんが、続けて行くことが大切で、続けた人だけが見られる景色、達する世界があります。スタートダッシュをしなくていいので、じっくりと腰を据えて、焦らずに進んでほしいと思います。
これからは、お世話になったご恩返しのつもりで、お役に立ちたいと思っています。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE