舞台のこと

2017.12.22

鈴木啓吾氏主催公演一乃会の、「融」の申し合わせが済みました。「融」は舞返し(まいかえし)という小書(こがき・替えの演出)になっていまして、後半部分の舞いが替わります。クツロギという小書がありまして、その時は舞の途中で橋掛かり幕際まで行って、暫し止まるやり方があります。三段から五段になり、更に橋掛かりに行きますので、舞がだいぶ長くなるわけですね。舞返しはそれに、急之舞が加わりますので、もう一つ長くなるわけです。舞の型の工夫はもとより、囃子の音楽性も大変面白く、聞く楽しみも増えるわけです。
 そもそも「融」は人気曲なのでよく上演されますが、シテの謡う分量は多く、とても凝って作ってありますので、大変な曲なんです。後半の舞いを延ばすということは、負担も増えるわけです。明日は意欲的な取り組みで、一曲丸ごとお楽しみいただいた上で、舞もお楽しみいただく趣向になっています。あまり詳しく書きますと種明かしで楽しく有りませんので、ご覧いただいてお楽しみ頂ければと思います。
本年の納めの公式戦、頑張って参りましょう。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE