舞台のこと

2018.05.11

5月九皐会の申し合わせが済みました。能は「實盛」と「皇帝」の二番です。
「實盛」は地謡を勤めさせていただきます。押しも押されぬ大曲です。
こういった曲で地謡後列に座らせていただけるようになるとは、隔世の感があります。
「皇帝」は、また違った意味で大曲、大変大掛かりな曲です。作り物、大道具のような類いだけでも4つ出ます。演出も色々と凝っていますので、後見の仕事も随分と多くあります。慣れていないというよりも、「皇帝」初参加なので、段取りを間違えないように、心して当日臨みたいと思います。
ご覧いただくには、大変面白い番組になっております。宜しくお願い申し上げます。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE