舞台のこと

2018.08.15

寒川神社の薪能が済みました。暑い日だと思っていましたが、2曲目の「大瓶猩々」では、雨が降りだし、出演者が後ろに下がっての上演となってしまい、残念なことでした。
お天気ばかりはどうにもならないので、こればかりは祈るしかありません。舞台を悩ませた雨でしたが、終演頃には上がりました。気まぐれな、ニクイ雨です。
初番は「逆矛」でした。この時は風が強かったため、作り物を出さずに上演するなど、天候のための変更が2曲共にありました。
最終的には雨も上がりまして、今年の寒川神社の薪能も、無事に勤められたようで、良かったです。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE