舞台のこと

2019.01.13

1月九皐会、無事に済みました。天候にも恵まれ、ありがたい新年の会となりました。
「翁」の遠藤喜久氏は、お疲れになったことでしょう。「翁」は舞台に上がるまでが、なによりも大変です。精進決済もさることながら、当日も翁太夫としての、勤めがあります。全て済んで、ほっとしたことでしょう。お疲れさまでした。
「玄象」は風情よく、場面転換もはっきりしていますので、面白い曲です。出演人数も多い分、面白さも増す感じでしょうかね。後シテは納衣を着て、早舞を5段にされていました。楽しそうです!「玄象」も、いつか勤めたい、リストに入れましょう。
ご来場の皆さま、ありがとうございました。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE