舞台のこと

2019.03.10

3月九皐会が済みました。さすがに九皐会頭首二人の公演とありまして、見所も満員のお客様で一杯でした。
 「源氏供養」、「西行櫻」ともに、ご堪能いただけたのではないかと思います。
 不肖私も「鵜飼」のキリの仕舞を、勤めさせていただきました。
ありがとうございました。
喜之師匠の「西行櫻」は、地謡のこちらまで引っ張り込まれそうな、世界でした。地謡の前列でキョロキョロと見ることはできませんが、前に何も障害物がなく、すっぽりとその世界に入れるのは、役得でしたねー。
こんど、お話しをうかがわなくては!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE