コラム

2019.04.14

4月九皐会が済みました。本日も多くのお客様に、ご来場賜りました。ご来場の皆さま、ありがとうございました。お天気も崩れることなく、お出掛け日和でなによりでした。
「忠度」はシテ中所氏の尽力で、装束は特別に拝借してきた物です。近年はこういったことも自由になりましたので、九皐会所蔵の物以外の面装束も、ご来場の皆さまにお楽しみいただけるので、それも嬉しいことですね。
「杜若」は九皐会の名物腰巻で、杜若の花の大きな刺繍が入ったものでした。面は小島氏の希望でしょうかね、孫次郎という表情豊かな、ちょっと艶かしい面をつけていました。能の面白いところは、面一つで随分印象が変わるところです。
4月九皐会も、お楽しみいただけましたら幸いです。今月は別会もありますので、気を引き締めて参りたいと思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE