舞台のこと

2019.06.03

本日は二本立て、永島充氏の「安宅」の下申し合わせと、小島英明氏の「隅田川」の申し合わせがありました。
 下申し合わせとは、大曲の演能時(初演が多いです)に、申し合わせ以前に、玄人が集まって行う、リハーサルです。「道成寺」や老女物など、下申し合わせを致します。「安宅」もとても大きな曲ですから、下申し合わせをしたい曲の一つですね。おシテの永島氏、くたびれたことと思います。本番まではだいぶ時間が有りますので、これから時間を掛けて、仕上げていけますから、当日が楽しみですね 。
 小島氏の「隅田川」は、長女ちゃんと一緒です。自身が初演の曲で、実子との共演は、かなり厳しい状況ではあります。ただ、これほどの果報もありません。能楽師として、父親として、頑張りどころですね。
お二方とも、張り切って舞台を勤めていただきたいと思います。
私たちもより良い舞台になるよう、努めて参りたいと思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE