コラム

2019.06.05

本日はこのところ時間を掛けて、準備して参りました、日本外国語専門学校の鑑賞会でした。2時間という限られた時間で、能楽を一通り体験、鑑賞できるプログラムを致しました。
外国語専門学校の学生さんですから、将来的に海外の方と関わりを持つ機会も、有ることと思います。自国の文化を知らないと、海外では困る場面もあるようです。本日は能楽のことを、ぜひ理解していただき、そんな思いをしないようにしていただきたいと思いました。
取り組みとしまして、事前に担当の先生方と、打ち合わせをしました。この学校は数年間続いておりますので、ここ何年かの経緯を踏まえて、ご意見、ご感想をいただきました。その事をもとに、本日は講座内容を決め、進めたわけです。
話を進めていますと、目を輝かせながら頷いたり、熱心にメモを取る学生さんが、多く見受けられました。個体の意識でもありますが、とても素晴らしい受講姿勢です。
学生さんにとりまして、本日の会どうだったことでしょう。感想をいただくことに、なっております。コワモノながら楽しみに待ちたいと思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE