舞台のこと

2019.06.16

今日は昨日とうって変わって、快晴の一日となりました。青空がなんと申しましても、気持ちいいです。
 本日は国立能楽堂で、中森氏の鎌倉能舞台の東京公演でした。能の曲目は「国栖」(くず)、壬申の乱に取材した曲です。能としましては、劇的な展開で、場面転換もはっきりしていますので、楽しみやすい曲の一つと言えると思います。
 見所は満員のお客様で、元NHKアナウンサーの葛西聖司氏の解説も有りました。葛西氏は古典芸能の解説を主とされていて、造詣が深いことはもとより、お話しが解りやすく、とても楽しいのですね。お聞きになった皆さんは、楽しく観能のお役にたったことと思います。ご来場の皆さま、ありがとうございました。
 昨日の桑田氏の公演の、銀座シックス観世能楽堂といい、本日の中森氏の国立能楽堂といい、満席のお客様で、すごいですね。私も秋の宝生能楽堂での自主公演、頑張りたいと思います。皆さま、宜しくお願い申し上げます。

第十四回奥川恒治の会「屋島」

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE