舞台のこと

2019.07.13

 7月九皐会の申し合わせ(リハーサル)が、済みました。今月の能は「小督」(こごう)と「張良」(ちょうりょう)です。
「張良」のシテは永島忠侈氏です。兵法の奥義を授けてもらう、張良(人名)の苦辛談です。途中龍神が登場するなど、スペクタクルな場面もあり、時間的には短い演目ながら、靴を飛ばしたりと、盛りたくさんな内容で、親しみやすいです、
 「小督」は、私がシテを勤めさせていただきます。シテ源仲国(みなもとなかくに)は、高倉天皇と小督の恋路の橋渡しという、大役を仰せつかる役どころです。中秋の名月の京都嵯峨野、琴の音を頼りに小督の行方を探すシーンは秀逸です。
14日(日)午後1時から矢来能楽堂です。お席も若干ながらご案内可能です。お出掛け頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

観世九皐会7月定例会


遅刻しました!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE