コラム

2019.12.20

本日は明後日の、故足立禮子さんの遺徳を偲ぶ会の申し合わせがありました。主催は足立さんの最後のお弟子さんの、新井麻衣子さんです。足立さん、新井さんをお引き受けになる時は、心を砕いて、周りの人たちに頼んでいました。
それから時が経ち、今では会を催し、「猩々・乱」を披演できるまでになりました。足立さんも、お喜びのことと思います。
足立禮子さんは陽気な方で、お酒もよくお召し上がりになりました。私もなにかにつけ、ご一緒させていただきました。笑顔も笑い声も、色あせることはありません。この度の会のお手伝いができますことは、とてもありがたいことです。心して勤めさせていただきたいと、思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE