能のHana

コラム

2020.06.01

 このところは心踊る、晴れがましい事が少なかったのですが、久しぶりに朝から嬉々とした出来事がありました。
 昨年我が家に来て、ほどなくあの日本に甚大な被害を及ぼした、台風19号の洗礼を受け、堪え忍んできました女竹。ついに若竹が現れました!いつまで経っても鉢には柔い雑草しか生えず、半ば諦めかけていましたところ、なんとも立派な若竹が顔を出したではありませんか(大嬉)!
 お世話をしてくださった棟梁、私が枯らすのでないかと心配して、ご自身でも一株育ててくださっていたそうです。いや~良かったです。これで胸を張って報告できるというもの、なににせよ仲間が増えることは楽しいです。しっかり根付いてくれた証ですね、これからの増え方が楽しみです。親竹もよく頑張ってくれました。めでたしめでたし🎵

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE