舞台のこと

2020.07.26

 今年で15年目になる自主公演、数年前から計画を立て、進めて参りました。コロナウイルスのため、残念ながら番組の変更縮小しまして、開催準備を進めております。
 7月15日の売出し日以前は、チラシをご覧いただいた方からの、お問あわせもあったのですが、このところの感染者数の増加、加えて最高レベルの警戒宣言のためか、お問い合わせもなくなりました、一喜一憂です!
 今年のはじめに、小学校の同級生からフェイスブックでの連絡をもらい、実に42年ぶり(恐ろしいな〜)、同級生に会えました。会えばあっという間に戻ります。「見に行くよ!」と言ってくれていましたが、この状況でどうしたものかと迷っていましたが、思いきって案内してみました。応援に来てくれる人が多く、高校の同級生といい、仲間とはありがたいものだと、改めて思います。
 一般の方も、今年は義を感じてという方も多いようで、私達の活動支援を目的に来てくださる方が多く、大変ありがたいお気持ちをいただいております。。
 人の絆のありがたさを痛切に感じられ、多くの人に支えられて叶う舞台、改めて大切に勤めさせていただきたいと、強く思います。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE