舞台のこと

2020.09.12

 今日は一日雨降り、気温も下がりましたので、この点は良かったです。今朝のニュースでは、「イベント開催制限緩和の方向で検討」と、待っていた嬉しいニュースがありました。長いトンネルではありますが、光明が見えてきましたね。
 九皐会や国立能楽堂での公演をはじめ、二桁に達する公演に参加していますが、感染対策を施しての公演は、クラスターなどは無く、安全な運営が実現しております。些か窮屈な感じもしますが、安全には変え難いところです。
 国立能楽堂という、広く大きな空間で、ゆったりと半分の入場者数でご覧いただける、ちょっと贅沢な会です。9月27日㈰は、国立能楽堂で「第15回奥川恒治の会」を、ぜひお楽しみください。狂言「武悪」は善竹家、山本家の共演による上演。能「一角仙人」は、龍神を1人増やしての特別演出にて致します。15周年の特別企画、ぜひお見逃しなく!

第15回奥川恒治の会 記念大会「一角仙人」

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE