舞台のこと

2020.10.17

 本日は新潟市民芸術文化会館リュートピアの能楽堂で 、秋の能楽鑑賞会に出演しました。
 仕舞「松風」観世喜正
 狂言「茶壺」野村萬斎
 能「土蜘蛛」遠藤和久・喜久
こちらは新潟県にご実家があった亡父、六郎氏からの長いご縁です。新潟は能楽の盛んなところで、師匠のお供など、若い頃からなにかにつけ、お邪魔させていただいております。
 本日は入場者数を半数にしての公演でしたが、チケットは完売とのことでした。文化芸術の秋、ご来場の皆さまに、満喫していただければと、思います。
 東京は雨模様ですが、新潟は車窓から夕日が、見事でした!

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE