能のHana

コラム

2021.04.05

 今日は冷えましたね、初夏の気温を経験した後では、随分寒く感じます。日中の本降りの雨は、より寒さを演出しました。こういう日があるので、なかなか冬物をしまえないのですね。
 本日、九皐会に新しい内弟子が一人入門しました。金子仁智翔(かねこにちか)と申します。高校生の間見習いとして通っていましたが、いよいよ本当の修行が始まったわけです。今後は師匠をはじめ、諸先輩方の教えを受けて、道を進んでいくしかありません。今日が彼にとって、一生を掛けた長い道程の出発点となったわけです。
 覚えなくてはいけない事は、山積みになっています。少しでも早く、1つでも多く、正確に覚えていってほしいと思います。
 0を1にすることは大変ですが、ひと度1にしてしまえば、忘れたようでも0にはならないのです。次からは覚え直し、やがて確認へと段階は進みます。数(経験)が増えれば増えるほど、記憶は確かになり、新しい情報も上乗せできます。最初の数年が勝負、ぜひ頑張ってもらいましょう!
 九皐会のNEWフェイス、金子仁智翔宜しくお願い申し上げます。

上へ
戻ります

観世流能楽師 奥川恒治能のHana

CLOSE